【RIZE ライヴレポート】『RIZE TOUR 2017「RIZE IS BACK」』2017年12月20日 at 日本武道館

【RIZE ライヴレポート】『RIZE TOUR 2017「RIZE IS BACK」』2017年12月20日 at 日本武道館
2017年12月20日 at 日本武道館 (okmusic UP's)
       
 2時間半に渡るライヴをやり終え、最後にJESSE(Vo&Gu)は堰を切るように熱く語り始めた。“20年前に新宿LOFTのイベント(日本武道館)に出て、誰も俺らのことを知らなくて、悔しい思いをした。その時ふたり(JESSE、金子ノブアキ)で、バンドを組んでいつか武道館でやろうと決めた。夢は絶対に叶うから!”と。

 2017年はRIZE結成20周年を迎え、ついにバンド初の武道館公演を決行。JESSE、金子ノブアキ(Dr)、KenKen(Ba)、Rio(Gu)が揃うと、最新アルバム『THUNDERBOLT~帰ってきたサンダーボルト~』収録の「帰ってきたサンダーボルト」でスタート。それから陽気な「Good Day」、カバー曲「ピンクスパイダー」を豪快に解き放つ。中盤には市原隼人、Def Techラッパ我リヤZeebra、FIRE BALL、E.D.O.とコラボを繰り広げ、RIZEの20周年を盛大に祝う。その後、JESSEはアコギ弾き語りで「missing you」を披露。その曲中に“再婚して、男の子を授かりました”とサラッと告げ、これには観客もどよめいた。

 後半は「日本刀」「カミナリ」と畳み掛け、爆発的なバンドアンサンブルを轟かせる。アンコールのラスト曲「NAME」においてはアリーナで肩を組んで踊る人たちや、スタンド席を巻き込んで全ての観客がジャンプする壮観な光景が広がった。この日のライヴは火柱やスモークなどの演出はあれど、装飾過多にならず、真正面から観客と対峙する潔いショーで、カッコ付けも背伸びもない、ありのままのRIZEに心底感動した。バンド20年の歴史と現在をつなぎ合わせ、未来へ羽ばたこうとするピュアな音楽衝動を響かせた素晴しい一夜となった。

当時の記事を読む

金子ノブアキのプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「金子ノブアキ」に関する記事

「金子ノブアキ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「金子ノブアキ」の記事

次に読みたい「金子ノブアキ」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月26日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 金子ノブアキ Instagram
  2. 金子ノブアキ ドラマ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。