臼井孝のヒット曲探検隊~アーティスト別 ベストヒット20Vol.2 コブクロ

臼井孝のヒット曲探検隊~アーティスト別 ベストヒット20Vol.2 コブクロ
(okmusic UP's)
CD、音楽配信、カラオケの3部門からアーティストごとのヒット曲を読み解く『臼井孝のヒット曲探検隊』。さて、今回は男性2人組のコブクロのヒット曲を探ってみたい。

インディーズ時代から 大阪では既に人気を確立

コブクロは大阪府出身の黒田俊介(メガヒットを経験したアーティストではおそらく日本一長身の193cm)と宮崎県出身の小渕健太郎による男性デュオ。1998年に結成後、関西を中心としたインディーズ活動を経て、2001年3月22日にシングル「YELL~エール~」にてメジャー・デビュー。インディーズ時代から人情味あふれる歌声やキャラクターから大阪では既に人気を確立していたことや、ゆずや19など男性フォーク・デュオに追い風が来ていたこともあり、いきなり週間TOP10入りを果たした。

その後は「Yell」を超えるヒットはないものの、関西を中心に人気を維持してアルバムはTOP10入りをキープしていたが、2004年の「永遠(とわ)にともに」がNHK『みんなのうた』に起用され、しばらくして結婚式ソングとしてロングヒットをすることで、あらためてその楽曲の普遍性が注目されるようになり、以降TOP10入りをキープ。

さらに、2005年からは大手芸能事務所の研音との業務提携を行なったこともあり、所属タレントがメインで出演するドラマの主題歌をコブクロが担当したことも、彼らのヒット継続に大きく貢献した事だろう。実際、彼らの代表作と言われ、2007年に日本レコード大賞を受賞した「蕾」を含み、2005年の「ここにしか咲かない花」から2008年の「時の足音」までのシングル6作がすべてドラマタイアップに起用された。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. コブクロ ライブ
  2. コブクロ 曲
OKMusicの記事をもっと見る 2017年12月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「コブクロ + ライブ」のおすすめ記事

「コブクロ + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「コブクロ + 曲」のおすすめ記事

「コブクロ + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「氣志團」のニュース

次に読みたい関連記事「氣志團」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。