中村一義、20周年記念ライブを3組のゲストとともに開催

中村一義、20周年記念ライブを3組のゲストとともに開催
1月20日(土)@Zepp Tokyo photo by 田中聖太郎 (okmusic UP's)
1月20日(土)、Zepp Tokyoにて、中村一義プレゼンツ『20→(トゥエンティ・ゴー)』が行われた。2017年2月18日(土)江戸川区総合文化センター大ホールのワンマン『エドガワQ 2017~ERA最構築~』から始まった、中村一義のデビュー20周年イヤー・プロジェクトの締めくくりを飾るライブイベントであり、中村一義と彼のバンド=海賊の他、ゲスト・アクトとしてサニーデイ・サービス、SPECIAL OTHERS、小谷美紗子が出演、オーディエンスと共に20周年を祝った。

開場中の時間に、オープニングアクトとして、海賊のメンバーであるヨースケ@HOME(ギター、コーラスなど)とあずままどか(コーラスなど)が「前説をやれって言われたけど、何すればいいの? 『ここで拍手ー!』って練習とか?」などと言いながら登場。ふたりでしばしMCの後、それぞれ1曲ずつ弾き語り。まず、あずまがルーパー(音をリピートさせるエフェクター)を駆使してアコースティック・ギター、音と歌を何十にも重ねながら「希望」を聴かせ、ウクレレ1本のヨースケは「『かえるのうた』を思い出してください」と、「ピース」をオーディエンスと共に歌った。

本編のトップはSPECIAL OTHERS。4人がお互いの音を確かめるようにインプロヴィゼイションを聴かせた後、スッと曲に入ってしばし演奏、ブレイクしたと思ったら「どう? どう?」というあの声が響き、中村一義が登場。演奏にのってこのイベントの趣旨を説明し、「トップは僕が世界でいちばん好きなジャム・バンド、SPECIAL OTHERSのみなさんです!」と紹介──という「犬と猫 再び」に続き、「BEN」「Uncle John」の3曲をプレイした。MCでは芹沢“REMI”優真(キーボード)が、「デビューしてすぐの頃、雑誌のインタビューでSPECIAL OTHERSを誉めてくれていたことが、ずっと自分たちの支えになっていました。本人には言ってないけど」と、感謝の気持ちを言葉にした。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2018年1月24日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。