THE BOHEMIANS、ツアーファイナルでベスト盤リリースを発表

THE BOHEMIANS、ツアーファイナルでベスト盤リリースを発表
2月23日(金)@下北沢GARDEN (okmusic UP's)
THE BOHEMIANSが2月23日、下北沢GARDENにて昨年12月6日に発売されたアルバム『DELICIOUS』の全国ツアー『Winter Delicious Long Tour 2018』のファイナル公演を行った。

SEに乗りメンバーが登場すると会場からは早くも大歓声が上がる。イントロの途中で平田ぱんだ(Vo)がステージに飛び出し、ピアノの音色が印象的な「恋はスウィンギン・イン・ザ・レイン」からスタート。 のっけから「THE ROBELETS」「GIRLS(ボーイズ)」といったライヴでは定番のナンバーを連発。序盤からフルスロットルのセットリストが並ぶ。

「ここからは12月に出たアルバム『DELICIOUS』からやります。まずはその中でも一番いい曲を」というMCから始まった「ポーラ」。そこから続けて新譜4曲を披露。 その後は1stアルバム『I WAS JAPANESE KINKS』より「お気にのチェルシー」「麗しのグッドルッキングガイ」2ndアルバム『憧れられたい』から「王国の謎」といった、久しぶりのナンバーを演奏。 「0.1」「THE LENS」からボヘミアンズの楽曲の良さが光るミディアムナンバー「ロミオ」へ。ミラーボールが光る中、丁寧に優しく歌う「君は一人じゃないよ 君は一人しかいないよ」という言葉が、今日はいつもよりグッと心に響いた。

「みんな暴れたりないんじゃないかい? 始まりの合図は星川ドントレットミーダウン」のぱんだのMCとともに、星川(B)が新譜「Mr. Grace Wednesday」のイントロをかき鳴らすと会場は一気にヒートアップ。「male be on a sunnyday, well. well. well!」「I ride genius band story」といったアッパーなナンバーを立て続けに披露。 「I am slow starter」「君はギター」といった、今後ライヴで定番になりそうな、『Delicios』からパンキッシュでポップな2曲を演奏して本編が終了。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2018年2月24日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。