平成の歌姫、浜崎あゆみの ヒットを探る「臼井孝のヒット曲探検隊 ~アーティスト別 ベストヒット20」

平成の歌姫、浜崎あゆみの ヒットを探る「臼井孝のヒット曲探検隊 ~アーティスト別 ベストヒット20」
『臼井孝のヒット曲探検隊 ~アーティスト別 ベストヒット20』 (okmusic UP's)
CD、音楽配信、カラオケの3部門からヒットを読み解く『臼井孝のヒット曲探検隊』。この連載の概要については、第1回目の冒頭部分をご参照いただきたい。ただし、前回の安室奈美恵からは2017年末までのデータを反映している。

20世紀から21世紀に変わる頃、CD市場全体が右肩下がりになっていく中で、それを感じさせぬ勢いで売れ続けたのが、浜崎あゆみと宇多田ヒカルの2大女性ソロだ。特に浜崎の場合は、最も多い年には7枚のシングル、さらにそれらを収録したオリジナルアルバム、ミュージックビデオやライヴを収録した映像ソフト、さらにはユーロビートからクラシックに至るまで様々なリミックスアルバム(2015年までになんと27作!)と、膨大な量の音楽作品をリリースし、2000年代の音楽市場を大きく支えてきた。

キッズモデルや女優などの活動を経て アーティストに転身

そんな浜崎は1978年福岡県生まれで、それ以前からキッズモデルを経て女優からグラビアまでこなすマルチタレントとして活躍していたが、約1年間の充電期間を経て、1998年4月8日、シングル「poker face」で再スタートした。

デビューから2ヶ月ごとにシングルをリリースし、その張り詰めたように繊細な高音ボーカルが女子高生たちの共感を呼び10万枚前後のヒットを重ね徐々に人気が浸透。デビュー曲から5枚のシングルを収録した1stアルバム『A Song for X X』が140万枚を超えるメガヒットとなり、一気に注目されるようになる。一般に、女性ファンは同性アーティストのシングルをアルバムまで買い控える傾向があるが、彼女の場合、アルバムでのセールス急増がより顕著だった。特に、化粧品や菓子などターゲットが明確なタイアップも多く、アルバム発売時にはさほど音楽に関心のない女性リスナーをも取り込んだのだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 宇多田ヒカル Instagram
  2. 宇多田ヒカル ツアー
  3. 宇多田ヒカル ミュージックステーション
OKMusicの記事をもっと見る 2018年3月15日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「宇多田ヒカル + ツアー」のおすすめ記事

「宇多田ヒカル + ツアー」のおすすめ記事をもっと見る

「宇多田ヒカル + ライブ」のおすすめ記事

「宇多田ヒカル + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「桑田佳祐」のニュース

次に読みたい関連記事「桑田佳祐」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。