感情入り交じる季節、アンビバレンツな気持ちにさせられる5曲

感情入り交じる季節、アンビバレンツな気持ちにさせられる5曲
『予襲復讐』のジャケット画像 (okmusic UP's)
3月は相反する感情が入り交じる季節です。温かい日もあれば寒い日もあり、悲しい別れの後に新しい人と出会えたり、また、今の場所から違う場所へ移る引っ越しシーズンでもあり、心も体も激しく揺さぶられるような感覚を抱く人も多いかもしれません。そこで両極端にあるテイストが1曲に収録されていたり、バンドのパブリックイメージを裏切るような楽曲をここでは選んでみました。ここに選んだ5曲以外にもそういう曲調はたくさんあると思うので、自分でも見つけてみるのも楽しいかもしれません。

■1.「鬱くしき人々のうた」('13)/マキシマム ザ ホルモン

鬱という言葉を曲名に入れ、さらに楽曲テーマに堂々と据え、パワフルかつエネルギッシュな曲調に仕上げられるのは、ホルモン以外にいないだろう。これは現時点での最新作『予襲復讐』の3曲目に収められ、2曲目「鬱くしきOP~月の爆撃機」というザ・ブルーハーツのカバーから組曲形式で聴くことで曲世界がグッと深まるナンバーだ。当時、作詞作曲を手がけるマキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)の周りに鬱病やリストカットする人たちが多く、その人たちに向けた応援ソングになっている。もちろん、頑張れ!なんて言わない。《鬱くしき人々よ「0.5生懸命」にて勝て!》と歌詞で綴るセンスを含め、鬱くしき(美しき)人々に最大限のエールを送っている。

■2.「光と影」('09)/ハナレグミ

08年に解散したSUPER BUTTER DOGの永積崇(Vo/G)がソロとして活動し始めたハナレグミ。これまで太田裕美、小泉今日子などへ楽曲提供、TV CMのナレーションを務めるなど、多方面に才能を発揮している。09年にリリースされたシングル「光と影」表題曲は《闇の向こうの光を見に行こう》、《光の先の闇を見に行こう》という歌詞にも表れている通り、さまざまな状況に当てはまる抽象性と自由度の高い内容で引き付ける。生きて行く上でネガティブもポジティブも人生の糧になるんだ、と静かに語りかけてくれているようだ。特にやさしく、柔らかく、聴き手の深層意識にスーッと入ってくる彼の歌心は素晴らしい。その歌声にライヴで触れると、鳥肌が立つ瞬間が何度も訪れる。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月23日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。