日本ロック史における重要バンド、UP-BEATが残した神盤『HERMIT COMPLEX』
拡大する(全1枚)
『HERMIT COMPLEX』('88)/UP-BEAT (okmusic UP's)
去る2016年6月10日。広石武彦(Vo)が自身のwebサイトで新プロジェクト“Respect up-beat”の始動を宣言した。UP-BEATからの影響を公言するHAKUEIPENICILLIN)やRYO(test-No.、ex.BY-SEXUAL)からのラブコールに応えるかたちでの始動のようだが、11年に立ち上ったup-beat tribute bandを15年に脱退し、「今後私がup-beatの楽曲を実演する機会は未定」と言っていただけに、今回の発表はファンにとってはこの上ない吉報と言えるだろう。test-No.のRYO(Gu)、DEN(Ba)、KAEDE(Dr)に吉田遊介(Gu)と鴇沢直(Key)を加えたメンバーで、8月26日にCLUB CITTA' にて行なわれるライヴイベント『CHAIN THE ROCK FESTIVAL 2016』に出演。メンバーも含めてそれ以後の動きは未定のようだが、それならば本公演はますます見逃せないところだ。今となっては一般的な知名度はあまり高くないかもしれないUP-BEATだが、日本ロック史における重要バンドである。80年代に彼らが残した音源と共にその軌跡を振り返る。

【その他の画像】UP-BEAT

■90年代の音楽シーンに影響を与えたバンド

一般リスナーからの大きな支持を集めているわけじゃないが、同業者であるミュージシャンから支持されているミュージシャンを“ミュージシャンズ・ミュージシャン”と呼ぶ。海外ではアル・クーパーやニック・ロウ、ジノ・ヴァネリらがその代表格のようだし、日本では(私見だが)キリンジやGREAT3、あるいは