2015年も残り半分! 上半期にめちゃくちゃ聴いた5曲

2015年も残り半分! 上半期にめちゃくちゃ聴いた5曲
FFS「Johnny Delusional」のジャケット写真 (okmusic UP's)
時が経つのは早いもので、今年ももう半分が終わりです。上半期ランキングもあちこちで見かける今日この頃。ここでも2015年の前半を思い返しつつ、よく聴いたナンバーをピックアップしてみました。個人的なヘビロテ曲のため、セールス上位のアイドルやダンス&ヴォーカルグループは圏外ですが、そこはひとつご容赦くださいませ<(_ _)>

■1.「Pedestrian At Best」('15)/Courtney Barnett

“新世代のギターヒロイン”と世界中のメディアが絶賛する豪メルボルン出身の女性シンガーソングライター、コートニー・バーネット。デビューアルバム『サムタイムス・アイ・シット・アンド・シンク、サムタイムス・アイ・ジャスト・シット』では、トレードマークの左利きギターから繰り出されるパワーコードを活かしたエネルギッシュなグランジサウンド、鋭くカオティックなテンションの歌詞とヴォーカルが堪能できます。まずは、キャッチーで爆発力全開なこの曲にヤラれてください。カート・コバーンが好きなら、きっとハマるはず。10月には待望の初来日を果たす予定です!

■2.「ワタリドリ」('15)/[Alexandros]

春先には卒業ソングとして話題を呼び、シングルのリリース前にライヴで演奏されていた「ワタリドリ」。6月発売の5thアルバム『ALXD』でオープニングを飾り、先日放送の『ミュージックステーション』で大勢のファンに囲まれて熱唱したのもこの曲で、気付けば今年の春から夏にかけて、川上洋平(Vo&Gu)の突き抜けるようなハイトーンと爽快なサビのメロディーが脳内でずっと流れていた感じです。[Alexandros]と改名して以降、攻撃的なロックサウンドはもちろん、日本語詞のリリカルな楽曲に味わいが増している彼らに、期待はなおも高まるばかり! 7月には『フジロック』に初出演しますね。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2015年6月29日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。