“不滅の男”遠藤賢司の『東京ワッショイ』は、エンケンしか辿り着けなかった圧倒的高み

“不滅の男”遠藤賢司の『東京ワッショイ』は、エンケンしか辿り着けなかった圧倒的高み
遠藤賢司『東京ワッショイ』のジャケット写真 (okmusic UP's)
遠藤賢司が、がんのため闘病していることが、6月11日、公式ブログとFacebookページを通じて公表された。当人は「治療しながら音楽は続ける」「音楽は心身共に、エンケンの根源力です」と“不滅の男”にふさわしいコメントを発表。《「頑張れよ」なんて 言うんじゃないよ/俺はいつでも最高なのさ ああ》(「不滅の男」)と歌うアーティストにありきたりの言葉を寄せるのは、逆に失礼と言うもの。恐縮ながら、ここは氏の名作を紹介することで、闘病中のエンケンへのエールに換えてみたい。

■規格外のシンガーソングライター

遠藤賢司。愛称“エンケン”。シンガーソングライターであることは間違いないが、この人の場合はそう単純なものでもない。ほぼ全ての楽曲の作詞作曲を手がけており、主にギターを抱えて歌唱することが多いので、所謂シンガーソングライターの体裁ではあるが、ピアノはもちろん、ドラムまで叩く。「ド・素人はスッコンデロォ!」(アルバム『にゃあ!』収録)では、ギターを弾きながらドラムを演奏にもチャレンジしているというから半端じゃない。まぁ、そんな奇抜な演奏法はともかくとしても、氏の作品にはインストゥルメンタル曲も少なくないし、何よりもその活動内容が所謂シンガーソングライターの枠に収まっていないのである。役者としてのいくつかの映画に出演している他、映画『不滅の男 エンケン対日本武道館』では監督、編集も行なっている(もちろん主演と音楽もエンケン。この映画は日本武道館における無観客ライヴの模様を収録したドキュメンタリーで、その概要からして半端じゃない)。また、カレー好きが高じてカレー店をオープンさせたりもしている(現在はすでに閉店)。今も副業で飲食店を経営している芸能人はいるが、エンケンのそれは1974年である。お店ではライヴや映画上映会なども定期的に行なっていたというからその点も興味深い。79年には“

あわせて読みたい

遠藤賢司のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「山内惠介」のニュース

次に読みたい関連記事「山内惠介」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三山ひろし」のニュース

次に読みたい関連記事「三山ひろし」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月22日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。