【INTERVIEW:向井太一】フィルターをなくしルーツを解放した最新作

【INTERVIEW:向井太一】フィルターをなくしルーツを解放した最新作
向井太一 (okmusic UP's)
コラボレーション企画『G-NEXT』の第4回は、昨年1stアルバム『BLUE』をリリースした向井太一。さまざまな愛をテーマとして脈々と受け継がれるブラックミュージックをベースに自身のルーツも織り交ぜながら、新しくてどこか懐かしさもある配信限定EP『LOVE』が完成した。

日本工学院専門学校×GYAO!×OKMusic Presents
【G-NEXT POWER PUSH ! #4_INTERVIEW:向井太一】

——配信限定EP『LOVE』は“LOVE”がテーマとのことで。

「音楽活動をしながら感じるのは人とのつながりで。今まで何気なく支えてくれている家族や友達、恋人といった人とのつながりを再確認する機会が最近すごく多くなっていたんです。そこで、“LOVE=ずっと大切にとっておきたい気持ち”をコンセプトにしようと。例えば、「HERO」は兄のことを歌っています。兄が福岡で実家を支えてくれるおかげで、僕は上京して好きな音楽をやることができているんです」

——「HERO」や「FURUSATO」の歌詞には《ありがとう》という言葉が出てきますが、《ありがとう》と歌うことに照れを感じる人も多いですけど。

「以前は抵抗感がありました。ジャンル的にも“この言葉はダサい!”とか思う部分があって、フィルターをかけるように言葉を選んで作詞をしていたんです。最近はそういうフィルターをなくして、思ったことやふと口から出たような言葉を素直に歌詞として落とし込むようにしています」

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2018年6月18日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。