祝・『水曜どうでしょう』20周年! 番組内で大泉洋が歌っていたあんな曲こんな曲

あの大泉洋のセンスを引き出した人気バラエティー番組『水曜どうでしょう』が、間もなく20周年! そんなアニバーサリームードの盛り上がりに併せて、音楽面からも振り返ってみようと思います。“アメリカ横断”での小坂一也「ワゴン・マスター」、“ユーコン”のIn the Soup「川」、“西表島”の轟一郎(安田顕)「やっちゃうよ。」とか本当は入れたかったけど、このコラムがiTunes配信曲ありきのため、エリート寄りはカット。番組内での大泉さんの鼻歌を切り口に、ほぼカラオケにある曲でまとめました。

■1.「1/6の夢旅人 テレビバージョン」('97)/樋口了一

まずは、鼻歌以前に番組のシンボルと言えるお馴染みのナンバーから。樋口さんがまさに『どうでしょう』のために応援歌として制作し、藩士のみなさまにも長年愛されている名曲です。原付バイクで激走する旅=“カブ”シリーズでは、海が見えた時やここぞの場面で大泉さんがたびたび口ずさんでいますね。“カブをやるとなぜか…「1/6の夢旅人」を歌いたくなるねぇ”というセリフも印象深い! 同曲は“原付ベトナム縦断”の際に作られた「1/6の夢旅人2002」、ラテン風の「1/6の夢旅人2002~Saicorne ver./featuring 大泉洋~」など複数のバージョンがあって楽しいので、聴き比べてみてください。

■2.「自動車ショー歌」('64)/小林旭

雰囲気変わって、次はアキラ先生のヒット曲。甘いもの早食いバトルを延々繰り広げながら日本を縦断する旅“対決列島”の道中、大泉さんがサービスエリアで買ったカセットテープに入っていて、謎の盛り上がりを生み、企画のテーマソングにまでなってしまいました(笑)。自動車の車種、メーカー名を連呼していく陽気な歌詞で、ダジャレ要素満載なのも藤村Dのツボだったのかなと。番組では瀬戸内海の風景をバックに、ミスター(鈴井貴之)の淀みない曲紹介から、大泉さんがビシッと歌っております。同じくいろいろバージョンあり。「アキラのジーンときちゃうぜ」「シベリア鉄道」も押さえれば、立派な“どうバカ”です!
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク