『GUITARHYTHM』はスーパーギタリスト“HOTEI”の原点

『GUITARHYTHM』はスーパーギタリスト“HOTEI”の原点
布袋寅泰『GUITARHYTHM』のジャケット写真 (okmusic UP's)
1981年にBOØWYとして初のライヴを行なってから35年目の今年、布袋寅泰の動きがかつてないほどに活発だ。2月に欧州でのツアー、3月に日本国内で『布袋寅泰 35th ANNIVERSARY 8BEATのシルエット 2016 【BEAT1】すべてはライヴハウスから』という、文字通りのライヴハウスツアーを行ない、4月には国立代々木競技場第一体育館と大阪城ホールで『布袋寅泰 35th ANNIVERSARY 8BEATのシルエット 2016 【BEAT2】ギタリズム伝説'88~ ソロデビュー再現GIGS』を決行。6月にベストアルバム『51 Emotions –the best for the future-』リリースしたばかりだが、7月には生誕の地、群馬県高崎市でフリーライヴとUSAツアー、8月には東北ライヴハウスツアーとフェス出演、そして9月からは日本国内でのホールツアーと、まさしく獅子奮迅の活躍である。今ここで布袋寅泰の名盤はどうしてもおさえておきたいところだ!

■海外でも活躍するリアル“ギター侍”

先日、ベストアルバム『51 Emotions –the best for the future-』のプロモーションでテレビ番組に布袋寅泰が出演していた。朝のワイドショーだったが、そこで「35周年の活動を振り返って、自身の楽曲で一番印象に残っているのは?」といった質問をされていた。「「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」ですね」と答える彼を観て、「まぁ、それはそうだろうね」なんて不躾な突っ込みを頭の中で浮かべていたのだが、それに続く言葉を聴いて思わず正座しそうになった。録画していなかったので正確な言葉は忘れたが、答えは以下のような内容。「『キル・ビル』のテーマだったということで、100名くらいのライヴハウスでも、この曲をやると注目してもらえる」といった主旨だった。100名!? ライヴハウス!? 12年にロンドンへ移住し、現地でもライヴ活動をやっていることは流石に知っていたが、そんな小さな小屋で演奏しているとは知らなかった。日本国内ならアリーナクラスでのコンサートも当たり前のアーティストである。変な話だが、日本でのコネを使えば欧州でもホールコンサートをやれただろう。だが、おそらく彼はそういうことをよしとしなかったと思われる。ことライヴ活動に関しては、81年5月、新宿ロフトを拠点にBOØWYがライヴ始めた時のように、まったくの素の状態で挑んでいたのだ。ギター1本で欧州に挑んだ布袋寅泰。その侍の如き活動姿勢に思わず背筋を伸ばさずにいられなかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 布袋寅泰 ギター
  2. 布袋寅泰 曲
OKMusicの記事をもっと見る 2016年6月29日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「布袋寅泰 + 曲」のおすすめ記事

「布袋寅泰 + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

「布袋寅泰 + ギター」のおすすめ記事

「布袋寅泰 + ギター」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「氣志團」のニュース

次に読みたい関連記事「氣志團」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。