布袋寅泰、ベスト選曲の野外フリーライヴを故郷・高崎で開催

布袋寅泰、ベスト選曲の野外フリーライヴを故郷・高崎で開催
7月3日@群馬・高崎市もてなし広場 (okmusic UP's)
7月3日、布袋寅泰が初のフリーライヴを故郷・高崎市で開催した。タイトルは『【BEAT 3】~Power of Music~ FREE LIVE! 自由の音を聴け』。35周年アニバーサリー・プロジェクトの第3弾となるアクションだ。

【その他の画像】布袋寅泰

高崎駅から徒歩10分、34度をこえる真夏日の晴れた空の下。会場の高崎市もてなし広場にはイベント全体で2万5千人を超えるオーディエンスが集まった。布袋は、様々な伝説を積み重ねながら、ギタリストとしての夢をスタートした原点の地に帰ってきたのだ。思えば、6年間の活動だったBOØWY時代、高崎出身とはゆえ、活動の場を東京へ移していたこともあり、ライヴを直に観れた高崎市民は多くは無かったはず。初のフリーライヴは故郷に錦を飾るべく、恩返しともいえる高崎での開催となった。

なお、このフリーライヴは高崎市営のレコーディングスタジオTAGO STUDIO TAKASAKIが主催する音楽イベント『TAGO STUDIO TAKASAKI MUSIC FESTIVAL 2016』のスペシャル・ライヴとして行われた。同イベントではアマチュア・ミュージシャンのオーディションも開催され、審査員には多胡邦夫、INORANLUNA SEA)、香川誠(ROGUE)、中西圭三、ヤガミ・トール(BUCK-TICK)など、高崎に縁のあるアーティストが参加した。

まだまだ太陽がまぶしい午後16時10分、オープニングは、映画『キル・ビル』のメインテーマとしてお馴染みの世界的ヒット曲「Battle Without Honor or Humanity」でスタートした。ホーンセクションも参加するスペシャル・バンドとともに、芳醇でプロフェッショナルなサウンドが風の街に響きわたる。鳥肌が立つスリリングな瞬間だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 布袋寅泰 ギター
  2. 布袋寅泰 曲
OKMusicの記事をもっと見る 2016年7月5日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「布袋寅泰 + 曲」のおすすめ記事

「布袋寅泰 + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

「布袋寅泰 + ギター」のおすすめ記事

「布袋寅泰 + ギター」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルノグラフィティ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルノグラフィティ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。