怒髪天50歳イヤーを彩る“長い夜”に家族や友人、そしてあの方もご光臨!

怒髪天主催の北海道限定イベント『カムバック・サーモン2016“もっと愛されたくて半世紀”』が、7月10日(日)に札幌ファクトリーホールで開催された。本イベントは、4月の札幌BESSIE HALLを皮切りにスタートした全国ツアー『怒髪天TOUR 2016 ジャパニーズ中年隊~YOU、50プラス1本やっちゃいなよ』において、プラス1本に位置づけされるもの。驚異のロングツアーもいよいよ終盤戦にさしかかる最中、ここ札幌に再び怒髪天が戻ってきた。

【その他の画像】怒髪天

フロアには、“マトンステージ(メインステージ)”・“ラムステージ(サブステージ)”、そして室内なのに、まさかの盆踊り用やぐら“やん衆どすこほいステージ”を設置。壁には紅白幕が垂れ下がり、屋外のフード・ドリンクエリア<増子家のジンギスカン>や<坂詰家の塩ラーメン>といったメニューが用意されるなど、すっかりお祭りムード。

早くも賑わいをみせる場内に、北島三郎の「まつり」のSEと共に、やぐら上にメンバーの増子直純(Vo)、上原子友康(G)、清水泰次(B)、坂詰克彦(Dr)が法被姿で登場。「今回は親族が出てきたりと、見所がいろいろあるからね。カムバックサーモン2016、はじまるよ!」との合図と共にイベントがスタートした。

まずは、ラムステージで行われる本イベントの最初の見所、各メンバーの友人と親族によるユニットライブから。チューニングがずれるハプニングで爆笑を生んだ、坂詰と親友による“ウディとジョー/国道5号線”をスタートに、緊張する甥っ子、姪っ子を「かわいいだろう!」と、自慢をしながらの清水一族と友人による“超魂(なまらマブイ)”、「80歳になる父が兄弟で何かやるのが見たい!」という言葉に人肌脱いだ、増子と実弟の増子真二(DMBQ、BOREDOMS)による兄弟ユニットと、立て続けに登場するメンバーの親族や友人たちとの貴重な共演に、場内からは笑いと温かい拍手が沸き起こる。ファミリーユニットのラストを飾るのは、「似てる!」とどよめきに近い歓声が上がった、上原子の双子ユニット“上原子もいる・もえる”。森田公一とトップギャランの「青春時代」で、盛大な手拍子と共に本イベントの親族の部を締めくくった。

この記事の画像

「怒髪天50歳イヤーを彩る“長い夜”に家族や友人、そしてあの方もご光臨!」の画像1 「怒髪天50歳イヤーを彩る“長い夜”に家族や友人、そしてあの方もご光臨!」の画像2 「怒髪天50歳イヤーを彩る“長い夜”に家族や友人、そしてあの方もご光臨!」の画像3 「怒髪天50歳イヤーを彩る“長い夜”に家族や友人、そしてあの方もご光臨!」の画像4
「怒髪天50歳イヤーを彩る“長い夜”に家族や友人、そしてあの方もご光臨!」の画像5 「怒髪天50歳イヤーを彩る“長い夜”に家族や友人、そしてあの方もご光臨!」の画像6 「怒髪天50歳イヤーを彩る“長い夜”に家族や友人、そしてあの方もご光臨!」の画像7 「怒髪天50歳イヤーを彩る“長い夜”に家族や友人、そしてあの方もご光臨!」の画像8
「怒髪天50歳イヤーを彩る“長い夜”に家族や友人、そしてあの方もご光臨!」の画像9 「怒髪天50歳イヤーを彩る“長い夜”に家族や友人、そしてあの方もご光臨!」の画像10
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク