スキマスイッチ、新コンセプトの全国ツアーファイナルは思い出の地で

スキマスイッチ、新コンセプトの全国ツアーファイナルは思い出の地で
7月12日@東京・昭和女子大学 人見記念講堂 (okmusic UP's)
スキマスイッチによる新コンセプトの全国ツアー「スキマスイッチ TOUR2016“POPMAN'S CARNIVAL”supported by MINISTOP」が7月11日(月)&12日(火)、東京・昭和女子大学 人見記念講堂でファイナルを迎えた。

【その他の画像】スキマスイッチ

今ツアー「POPMAN'S CARNIVAL」はライヴにも定評のあるスキマスイッチが立ち上げた新しいコンセプトのツアー。スキマスイッチの全キャリアから、ヒット曲に加え、通常のアルバムツアーでは披露されないレアな名曲の数々をパフォーマンス。今年4月22日(金)の市川市文化会館を皮切りに、7月12日(火)昭和女子大学 人見記念講堂まで全国20ヶ所23公演、約8万人の観客を魅了した。

人見記念講堂のステージにスキマスイッチが登場。オープニングナンバーは、今の季節にもぴったりな日々変化する空模様と日常の人それぞれの幸せを描いたラブライフソング「晴ときどき曇」。続いて、大橋卓弥のアコースティックギター弾き語りから始まる「LとR」、ミラーボールが煌めく中でブラスが印象的にアレンジされた「飲みに来ないか」と、バンドの心地よいグル―ヴが客席を揺らす。

“どうもありがとう。スキマスイッチです! 『POPMAN'S CARNIVAL』へようこそ! 今回のツアーは新しく『POPMAN'S CARNIVAL』というツアーを立ち上げまして、いつものニュー・アルバムをひっさげたツアーとは違った、スキマスイッチの全楽曲のなかから、いま僕らが演奏したい曲を選んで、さらにリアレンジをしてお届けします。はじめてスキマスイッチのライブに遊びにきてくれる方も、予習は一切必要ありません。今回のツアーならではの色々を用意してきましたので、最後までゆっくり楽しんでください”――「水色のスカート」「時間の止め方」「僕と傘と日曜日」「ソングライアー」と、思わずニヤリとしてしまうアレンジや演奏、彼らにしかできないサウンドメイキングで観客を引き込んでいく。

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2016年7月13日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「GLAY」のニュース

次に読みたい関連記事「GLAY」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「秦基博」のニュース

次に読みたい関連記事「秦基博」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「湘南乃風」のニュース

次に読みたい関連記事「湘南乃風」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。