キング・オブ・AOR、ボズ・スキャッグスの名を一躍有名にした名盤『シルク・ディグリーズ』

キング・オブ・AOR、ボズ・スキャッグスの名を一躍有名にした名盤『シルク・ディグリーズ』
『シルク・ディグリーズ』のジャケット写真 (okmusic UP's)
       
70歳にして今が一番音楽を楽しんでいると語っているボズ・スキャッグス。なんとも深いというか、“そうなのか”と驚きも感じたが、意欲的に活動を続け、2年振りのアルバム『AFOOL TO CARE』をリリースしたばかりの“キング・オブ・AOR“は6月に来日。全国6カ所でライヴを行なうことが決定している。そのボズ・スキャッグスの名盤と言えば、やはり、1976年、ボズが31歳の時にリリースされたアルバム『シルク・ディグリーズ』だろう。初めてビルボードのトップ10入りを果たし、彼にとってブレイクポイントとなったアルバムである。本作に収録されている楽曲「ロウ・ダウン」でグラミー賞の最優秀R&B楽曲賞を受賞。数々のアーティストにカバーされ、日本ではアンジェラ・アキがカバーしているバラード「ウィ・アー・オール・アローン」はあまりにも有名である。

■R&Bに傾倒した少年時代を経て、30歳をすぎて大ブレイク

 ボズ・スキャッグスにはオシャレでセレブなアーティストというイメージが強いかもしれないが、オハイオ州に生まれ、スティーヴ・ミラーにギターを習い、大学時代にブルースバンドを組んでいたという経歴を持つ彼は、実は世に出るまでに苦労した人でもある。1960年代前半にR&Bがブームになっていたロンドンに渡ったボズは数々のバンドで武者修行&インドなどで放浪生活を経験。のちにサンフランシスコに拠点を移し、1968年にリリースされたスティーヴ・ミラー・バンドの1stアルバムに参加したことがきっかけとなり、アメリカで念願のデビューを果たす。その後、R&B 色の強い作品を発表するもヒットには結び付かず、1974年に発表されたオリジナルアルバム『スロー・ダンサー』も素晴らしい作品だったが、より洗練された作風を打ち出したアルバム『シルク・ディグリーズ』で、やっと成功を手にすることになる。ちなみにAOR(日本ではアダルト・オリエンテッド・ロックの略)というジャンルは当時はまだ存在せず、ボビー・コールドウェルなどのアーティストが脚光を浴びた頃、ボズ・スキャッグスがAORの代表的アーティストとして紹介されるようになった。日本でも『シルク・ディグリーズ』は高い評価を得て、カフェやアメリカンスタイルのお店(今はなきレーザーディスクがあるような場所)に入ると、いつもボズ・スキャッグスが流れていた記憶がある。海にドライブに行く時にこのアルバムを流していた人も多かったのではないだろうか。ドライブミュージックと言えば日本のアーティストなら
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月27日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。