今こそ聴きたい「違法ではないが不適切・不謹慎?!」な歌

今こそ聴きたい「違法ではないが不適切・不謹慎?!」な歌
伊武雅刀「子供たちを責めないで」のジャケット写真 (okmusic UP's)
選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は多くを語らず「今こそ聴きたい“違法ではないが不適切・不謹慎”な歌」です。

■1.「ゴーストバスターズ」/ レイ・パーカー・ジュニア

●二重のパクリ疑惑を乗り越え?!今や定番曲
1984年にレイ・パーカー・ジュニアが歌う主題歌と共に大ヒットした映画「ゴーストバスターズ」のリメイク版が今夏公開されますね。主題歌もフォール・アウト・ボーイ×ミッシー・エリオットによってリメイク。原曲はヒューイ・ルイス&ザ・ニュース「I Want a New Drug」を盗用したとしてヒューイ・ルイス側から訴訟され、更にはM(ロビン・スコット)側から1979年にヒットした「Pop Musik」を盗用したとしてヒューイ・ルイス側及びゴーストバスターズ側も訴訟しているという二重のパクリ疑惑となりました。曲に潜むゴーストを探すごとく聴き比べてみましょうか?
(選曲・文/麻布さやか)
https://www.youtube.com/watch?v=Fe93CLbHjxQ

■2.「金太の大冒険」/つぼイノリオ

●名古屋の至宝が贈る、爽やかで?笑える下ネタソング
名古屋の至宝・つボイノリオが奏でる、違法ではないもののラジオで放送禁止指定を受けた歌。歌詞によると、金太がお姫様を救うためにマカオに向かうという冒険ソングなのですが…。不適切な理由は“ぎなた読み”にあります。なおつボイ氏は他に「極付け!お万の方」「吉田松陰物語」「インカ帝国の成立」など、この手の曲は事欠かないのですが、一応、違法行為で過去逮捕に至ったことは一度もありません。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2016年7月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。