みのりほのか、大ヒット曲「UFO」のカバーや12月に控えたワンマン公演についてのインタビューが到着

みのりほのか、大ヒット曲「UFO」のカバーや12月に控えたワンマン公演についてのインタビューが到着
みのりほのか (okmusic UP's)
最強の洗脳アイテム“アンドル”としてラスタァ星から地球を征服しにやってきたはずが、今やすっかり“地球人に夢中”になっているみのりほのか。彼女が地球人を洗脳するための手段として、9月いっぱい毎週木曜日深夜に『勇者ああああ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組~』のエンディングテーマとして、地球に住む一部アイドルヲタクたちのハートを虜にしてきた「宇宙人だ」のMVを流したところ、“これ、最強のチップチューン(簡単に説明するならゲーム音楽風の音を用いた楽曲)じゃねぇ!!”とゲーマーたちの間で一部話題沸騰に。実際にライブへ足を運ぶ人たちが増えだした。でも、まだ一部なのが残念だ。

続けて「宇宙人だ」を海外の配信サイトで「Alien」という題名でダウンロード販売を始めたところ、一部のEDMファンや日本のアイドルマニアの間で話題となり、最近ではみのりほのかのライブを観に海外からも足を運ぶ人たちも出始めている。海外でも一部の話題なのは残念だが、彼女の存在が海外にまで浸透し始めたように、ラスタァ星人の存在が世界中に広がり出したのは事実。ということは、ますます地球の平和が危うくなるということ…?

みのりほのかは、9月に2ndアルバム『銀河ドロップ』をリリース。この作品のコンセプトが、“ゴールデンレコード(※)を受け取った宇宙人みのりほのかの、地球に対してのアンサーアルバム”。いや、そんなことより、このアルバムもかなりヤバい。「チュパカブラfeat.ワクワクさんでお馴染みの久保田雅人」を通しUMA(未確認動)のチュパカブラに恋をすれば、「ざしきのあのこ」では、少し大人にバージョンアップしたせいで座敷童子とバイバイ。ドンタン響くティンパニの響きも印象深い「ジュラシックガール」を通して原始のパワーを引き出せば、「キラキラ☆ギャラクシー」ではラスタァ星のことは騙らずに銀河系を解説。果ては、「ムーンウォーク」を通しミノケルホノソン(みのりほのか+

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2018年11月20日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「歌謡曲」のニュース

次に読みたい関連記事「歌謡曲」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「転校生」のニュース

次に読みたい関連記事「転校生」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。