hitomiの『LOVE LIFE』は女性アーティストが隆盛を迎えた、2000年を象徴するアルバムのひとつ

hitomiの『LOVE LIFE』は女性アーティストが隆盛を迎えた、2000年を象徴するアルバムのひとつ
『LOVE LIFE』(’00)/hitomi (okmusic UP's)
       
リオデジャネイロ・オリンピックもそろそろ終盤。前半戦では柔道、体操と金メダルが出て、かつて日本のお家芸と言われた競技の復活という喜ばしいニュースが届いたが、その一方で、以前の勢いがなくなったことを目の当たりにさせられた競技もある。ずばり、マラソンである。男子は最終日なので未だ何とも言えないが(その意味でも出場選手には頑張ってもらいたいが)、女子の凋落ぶりは黄金期を知る者には衝撃的ですらある。バルセロナで有森裕子が銀、アトランタで有森裕子が銅、シドニーで高橋尚子が金、アテネで野口みずきが金と、4大会連続で日本人がメダルを獲得する、かつてのお家芸であったのだが、完全に隔世の感を禁じ得ない。毎度ゴタゴタする選考方法を含めて、世代交代の促進、強化プランの見直し等、抜本的な改革が必要であろう。そんな女子マラソンの黄金期に思いを馳せると、頭の中に流れて来るメロディーと歌声がある──。

【その他の画像】hitomi

■高橋尚子の金メダルを後押し

2000年9月24日、シドニー・オリンピック、女子マラソン。中盤からルーマニアのリディア・シモンとデッドヒートを演じていた高橋尚子は34キロメートル過ぎにスパートをかけ、そのまま逃げ切って金メダルを獲得した。日本のオリンピック陸上競技での金メダルはこれが64年振りであり、日本女子陸上界においては史上初の快挙であった。タイムの2時間23分14秒は当時のオリンピック記録でもあり、これらの功績により彼女は国民栄誉賞を受賞。女子アスリートとして歴史にその名を残すこととなった。彼女がこのレースでスパートをかけた際、それまでかけていたサングラスを沿道の父親に投げたシーンも話題になり、それを真似た人も多かったようで、その後、眼鏡屋に眼鏡やサングラスの修理が相次いだなんて話もある。また、高橋選手はhitomiの「LOVE 2000」を練習中に聴いていて、レース前にもこの曲を聴きながらテンションを上げていたというのも有名なエピソードだ。その後、「LOVE 2000」は高橋尚子関連のみならず、陸上競技、あるいはスポーツ関連のニュースでも使用されることも多くなり、hitomiを代表する楽曲となった。同年6月の発売当時、すでにプロ野球中継のタイアップがあった同曲だが、こうした経緯で再評価され、ロングセラーを記録したケースは極めて稀でもある。

あわせて読みたい

hitomiのプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「絢香」のニュース

次に読みたい関連記事「絢香」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「倖田來未」のニュース

次に読みたい関連記事「倖田來未」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木亜美」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木亜美」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月17日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。