吉田山田、日比谷野音で47都道府県ツアーファイナル完走&『吉田山田祭り2016』にて7周年ツアーを発表!

吉田山田、日比谷野音で47都道府県ツアーファイナル完走&『吉田山田祭り2016』にて7周年ツアーを発表!
8月20日@日比谷野外大音楽堂 (okmusic UP's)
吉田山田の初の全国47都道府県ツアー『吉田山田47都道府県ツアー~二人また旅2016~』が、8月20日に日比谷野外大音楽堂でファイナルを迎えた。

【その他の画像】吉田山田

これまで全国各地を廻り、少しでも多くのファンにゴールの瞬間を見届けてもらいたいという想いから、ツアーファイナルはフリーライヴで開催。この日は朝からの豪雨で開催も危ぶまれていたが、開演前には晴れ間が差し、ステージ中央のセンターステージに吉田山田が登場すると会場からは割れんばかりの歓声が上がった。

「約束のマーチ」からライヴはスタート。 “どれだけアナタに助けられてきただろう"。まさに彼らが46ヶ所廻り続けて野音まで来られたのは、二人だけではなく、会場に足を運んでくれたファン、サポートしてきたスタッフ、すべての人のおかげだという想いが込められたようであった。“雨が止んで"という歌詞とまさにリンクした奇跡のような幕開けに会場からも拍手があがり、一曲目から感涙の空気に包まれた。

山田義孝(Vo)の『吉田山田47都道府県ツアー2016! 東京ただいまー!!』の挨拶と共に、この47都道府県ツアーのスタートを担ってきた「てんてんてんて」で一気に会場のボルテージは最高潮に達し、「OK」ではコール&レスポンスと共に指で作るOKサインで会場中が一つに。センターステージから360度見渡しながら歌う2人の顔は笑顔に包まれていた。

吉田結威(G,Vo)は『一公演一公演、最後のライヴになってもいいという気持ちで歌ってきました。今日はより特別な想いで歌を届けることになると思います。色んなことを思い出してもらいながら、最後までよろしくお願いします。』と挨拶をし、カンニング竹山出演の高齢者詐欺被害未然防止キャンペーンのCMソングとして話題になった「母のうた」、結婚する友人へ向けて書かれた「告白」、彼らの代表曲であるNHKみんなのうた「日々」と珠玉のバラードを披露。弾き語りでの歌唱は2人のハーモニーがよりダイレクトに伝わり涙を誘う。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2016年8月23日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。