少年ナイフの名盤『Let's Knife』はチャーミングでぶっ飛んでいて、ユーモラスなロックチューン満載!

少年ナイフの名盤『Let's Knife』はチャーミングでぶっ飛んでいて、ユーモラスなロックチューン満載!
『Let's Knife』のジャケット画像 (okmusic UP's)
現在、オリジナルメンバーのあつこを迎え、4人編成で全国ツアーを敢行中の少年ナイフは、6月にはCJラモーンとダブルヘッドライナーでアメリカツアーに出る予定だ。ラモーンズなどのパンクムーヴメントに影響を受けて1981年に大阪で結成されたガールズバンドが、まさか日本より海外で熱狂的な支持を得ることになるなんて、彼女たちも当時は想像すらしなかったのではないのだろうか。なぜ、少年ナイフが日本でポップな存在にならないのかは音楽シーンの七不思議と言ってもいいぐらいなのだが、もしも、まだ彼女たちの音楽に触れたことがない人がいるのならば、どのアルバムから聴いても、そのチャーミングなロックスピリッツは速攻で伝わるとは思うが、インディーズ時代の代表曲もまとめて聴けるメジャーデビューアルバム『Let's Knife』は、ぜひともチェックしておきたい名盤だ。

ニルヴァーナカート・コバーンも愛したバンド

 名もないインディーズバンドでOLだった少年ナイフを発掘したのは、後にインディレーベル「K records」を主宰してBECK、ジョン・スペンサーを手がけることになる大学生の青年、カルヴィン・ジョンソンだった。卒業旅行で訪れた東京の輸入レコード店で、彼が手にしたのが少年ナイフのアルバム。彼女たちの音楽を気に入ったカルヴィンは後に少年ナイフにアメリカでカセットを出さないかと連絡をとる。そして、1985年にたった2年遅れでインディーズ1stアルバム『Burning Farm』が米の「K records」からリリースされることになるのである。その後、少年ナイフはアメリカのみならずイギリスのレーベルからも音源を発表し、1989年にはアメリカで初ライヴを敢行。その年にはソニック・ユースやL7、レッド・クロスなどが参加した少年ナイフのトリビュート盤が海外でリリースされてしまうのだからすごすぎる。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2015年4月1日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。