社会学者・古市憲寿がエイベックスの平成ヒットソングを振り返る
拡大する(全4枚)
古市憲寿 (okmusic UP's)
TRFglobeEvery Little Thing、浜崎あゆみ、倖田來未、AAAからピコ太郎まで、平成という時代に次々とヒットアーティストを創出してきたレコード会社エイベックス。そんなエイベックスの平成ヒット40曲を1つにまとめた配信コンピレーションアルバム『平成ヒットavex』。

3月にリリースされ、ウィークリーアルバムランキング でレコチョク3位、music.jpでは2位を獲得し、ロングセールスを記録している。

収録曲には当時流行っていた映画やドラマ、アニメの主題歌から、CMソングに起用された楽曲がぎっしりと詰まっている。平成初期に一世風靡した名曲から、今SNSなどで爆発的に人気のある曲まで、どれも一度は耳にしたことがある楽曲がずらり。リスナーの様々な平成の想い出を呼び起こしてくれる内容となっている。

今回、社会学者にして、globeや、小室サウンドにテレビなどでも度々言及。フジテレビ「とくダネ!」コメンテイターとしても活躍する古市憲寿さんが、 “エイベックス" “平成" “ヒット"というキーワードで、『平成ヒットavex』を語ってくれた。

-----------------------------------------------

テレビや書籍では平成の振り返り特集があふれている。僕もそのブームに便乗しようと『平成くん、さようなら』という小説を書いて、芥川賞候補になった(そして落選した)。

この記事の画像

「社会学者・古市憲寿がエイベックスの平成ヒットソングを振り返る」の画像1 「社会学者・古市憲寿がエイベックスの平成ヒットソングを振り返る」の画像2 「社会学者・古市憲寿がエイベックスの平成ヒットソングを振り返る」の画像3 「社会学者・古市憲寿がエイベックスの平成ヒットソングを振り返る」の画像4