AK-69、『EDC JAPAN 2019』にてZEEBRA、SWAYらと証明したヒップホップの圧倒的パワー

AK-69、『EDC JAPAN 2019』にてZEEBRA、SWAYらと証明したヒップホップの圧倒的パワー
5月12日@『EDC JAPAN 2019』 (okmusic UP's)
5月11日~12日に世界最大級のダンスミュージック・フェスティバル『EDC JAPAN 2019』が千葉・幕張で開催され2日間で8万人が来場した。

絶好のフェス日和と言える天気に恵まれた2日目に、LA 最大規模の『HARD SUMMER FESTIVAL』を手掛けるHARDがお届けする、ベースミュージックを中心としたダンスミュージックやヒップホップに特化したステージ“HARD presents cosmicBEACH”に登場したAK-69。『AK-69 Presents STACKED』と銘打たれた今回のライブでは、HIP HOP界の若手からレジェンドまで、総勢17組の客演アーティストが出演するという、かつてないステージ構成で大いに会場を盛り上げ、HIP HOPシーンにおける"令和"初の伝説的ライブを魅せた。

ライブ開始の15:30。まずは盟友DJ RYOWが名古屋からMCを引き連れてのDJ PLAYで徐々に観客はヒートアップ。DJ Khaledの「All I Do Is Win」から、AK-69の「TOO MUCH MONEY OUT HERE」(Prod. by DJ Khaled)に繋いだところで、遂にAK-69が登場! 会場は割れんばかりの歓声に包まれた。

外国人オーディエンスの多さから英語でのMCを挟み、親交の深いFat Joeのヒット曲「LEAN BACK~All The Way Up」のオフィシャルAsian Remix、Fablousの「MY TIME」からコラボ曲「Oh Lord」へ。サイドマイクのG.O.T.Oが“KhaledとFat Joe、Fablousと一緒に曲やってる日本人ラッパーはAK-69しかいないだろ? このヤバさ分かってる!?”と所属レーベル『Def Jam Recordings』のフラッグを掲げながら煽り立てる。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2019年5月14日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。