器用にダンスするPerfumeや、パイ投げにも挑戦するヒカキン & セイキンなど逆再生で作られたMV

器用にダンスするPerfumeや、パイ投げにも挑戦するヒカキン & セイキンなど逆再生で作られたMV
(okmusic UP's)
これまでにワンカット撮影や、爆発を取り入れたMVなど、さまざまな演出のMVを紹介してきましたが、今回は“逆再生で作られたMV”を5本ピックアップ。ダンスも歌唱シーンも全て真逆な動きをするわけだから相当な労力がいるのに、それを感じさせないアーティストのプロフェッショナルにもあっぱれです!

「リグレット」(’14)/sumika

『野村証券』のCMで坂口健太郎と共演している女優でモデルの阿久津ゆりえを主人公に起用した、バンド初のMV。悲しげな表情を見せる主人公を逆再生することで、“悲しみのあとにどんな展開が待っているのか”“なぜ悲しんでいるのか”が全編を観終わったあとにつながる。逆再生と言っても単純に早戻し感があるわけではなく、ひとコマずつ表情が変わっていく様子をフォーカスしているので臨場感もたっぷり。揺れ動く心を表す疾走感のある楽曲と、別れた恋人への想いを歌った歌詞も相まって、今にも泣き出しそうな主人公の切なくも美しい表情をじっくり堪能してほしい。

「Typical」(’09)/Mutemath

2008年のグラミー最優秀短編ミュージック・ビデオ賞にノミネートされたこのMVは、Mutemathを一躍有名にした作品のひとつ。演奏シーンを含む逆再生にもかかわらず不自然さがなく、脱ぎ捨てた服はまるで自らおびき寄せているようにも観えるスタイリッシュさ。冒頭のセットは何をして散らかっていたのかが徐々に紐解かれていき、床に落ちたガーランドライトがこっそり回収されている場面など、随所にあるコミカルさも楽しめる。メンバー4人が連続で披露する軽やかなジャンプはお手のもの! 歌うタイミングひとつとってもかなり緻密に作られているのに、自由に遊んでいる風に仕上がっているのが一番すごい。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2019年5月14日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。