ポルノグラフィティ、東京ドーム2デイズ公演の意気込み“今までで最高のライヴと言われるステージを見せないといけない”

ポルノグラフィティ、東京ドーム2デイズ公演の意気込み“今までで最高のライヴと言われるステージを見せないといけない”
ポルノグラフィティ (okmusic UP's)
20周年イヤーを締め括る東京ドーム公演を発表したポルノグラフィティ。『東京ロマンスポルノ'09 ~愛と青春の日々~』と題し、10年前にも東京ドーム公演を行なっているが、今回は1日増えて2日間。デビュー記念日とその前日に当たる9月7日、8日の開催となる。『20th Anniversary Special LIVE “NIPPONロマンスポルノ'19~神vs神~”』と銘打って行なわれる、“神セトリ”のライヴ。20周年の集大成を見せてくれそうだ。

――アリーナツアー中、3月8日に横浜アリーナで10年ぶりの東京ドーム公演が発表されましたが、東京ドームという会場はやはり特別な場所ですか?

新藤晴一(Gu):国内の屋内会場としては最大ですからね。我々のようにデビューからメジャーバンドということを目標にしてきたグループにとっては、その象徴がドームなので。20年のタイミングでまたやれる、ポルノをドームのステージに立たせてやりたいというスタッフの気持ちも含め、期するものがありますね。

――10年前も東京ドームですから、区切りのいい会場というか?

岡野昭仁(Vo):10年前にドームをやるにあたって、僕らは嫌がっていたんですよ。音楽をする場所じゃないとか、他のアーティストのライヴを見に行ったら音響的に問題があるとか。でもそれは、裏を返せばビビっていたんだと思います。こんな大きな会場で僕らができるわけがないと思っていて。ただ、10年目はスタッフから、“ドームは10年で登りつめた最大級のハコだ、お前らの目標のひとつじゃないか”と言われて。当時は及び腰でしたけれど、実際にやってみて、スタッフの気持ち、ファンの気持ちがあそこに集約されていたと思います。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ポルノグラフィティ ライブ
OKMusicの記事をもっと見る 2019年6月7日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ポルノグラフィティ + ライブ」のおすすめ記事

「ポルノグラフィティ + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「WANIMA」のニュース

次に読みたい関連記事「WANIMA」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桑田佳祐」のニュース

次に読みたい関連記事「桑田佳祐」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。