奥華子、2年振りの弾き語りツアー東京公演のレポートが到着

奥華子、2年振りの弾き語りツアー東京公演のレポートが到着
6月14日@北とぴあさくらホール (okmusic UP's)
2019年3月に通算10作目のオリジナルアルバム『KASUMISOU』をリリースした奥華子が、6月14日(金)に約2年振りとなる全国ツアー『奥華子コンサートツアー2019~弾き語り~』の東京公演を北とぴあさくらホールで開催した。

ツアー前のインタビューで“新しいアルバムの曲だけではなくて、いろんな歌を歌いたいです。自分のコンサートは久しぶりなので、ちょっと緊張するかも。新鮮な気持ちでツアーに臨めるのはいいかもしれないですね”と語っていた奥華子。その言葉通りに、彼女はアルバム『KASUMISOU』の楽曲と新旧の代表曲、ヒット曲を織り交ぜながら、リスナーの心に直接訴えかけるラブソングをたっぷりと聴かせてくれた。

ステージにはグランドピアノとキーボードが用意され、曲によって2台の鍵盤を使い分けながらライブを進行。序盤はアルバム『KASUMISOU』の楽曲が中心となった。

ピュアな片想いを描いた「逢えなくても」、“嬉しいとか悲しいとか、もし感情が目に見えたらどうなるだろう?というテーマで作りました”という「鞄の中のやきもち」、観客の手拍子とともに《あなたがいないと困る》というフレーズが広がった「ホントはね」、そして恋の本質を射抜くような歌詞と叙情的なメロディーがひとつになった「恋の果て」(スマートフォン向け恋愛ゲーム『イケメン源氏伝あやかし 恋えにし主題歌)と、色とりどりの感情を映し出す楽曲が揃ったアルバムをダイレクトに実感できる場面が続く。“一昨日、珍しく料理をしようと思ってナスを洗っていたら、トゲが刺さっちゃって”という気の置けないトークでも観客を楽しませた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2019年6月15日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Cocco」のニュース

次に読みたい関連記事「Cocco」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「布袋寅泰」のニュース

次に読みたい関連記事「布袋寅泰」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「WEAVER」のニュース

次に読みたい関連記事「WEAVER」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。