[ALEXANDROS]、最大規模のツアー『Sleepless in Japan Tour』が終幕“自分自身でいることがROCKだ!”

すると、工事中のような効果音とともに、なんと花道のステージの真上から、ドラムとキーボードなどのバンドセットが降下してきた。 [ALEXANDROS]らしい遊び心溢れる驚きの演出に、客席からは、驚きの悲鳴と歓声が入り混じる。そんな会場センターステージに、川上が一人で立ち“センターステージ独り占めの時間です”とアコースティックギター一本で、初期の楽曲「You're So Sweet & I Love You」を歌い始めた。

すると楽曲の途中から、白井、ROSÉ、庄村、磯部の順で、それぞれに観客に手を振ったり、挨拶しながら花道から登場し、演奏に参加。このメンバーそれぞれが集まり[ALEXANDROS]なんだと証明するかのような粋な演出に、温かな拍手に包まれた。

“後半戦もよろしくです!”と「明日、また」でメインステージへ戻り、「NEW WALL」へ。観客の大合唱に包まれるかのように川上がセンターステージにて歌い上げる。磯部はボンゴに、白井はコンガに持ち替え、庄村のドラムと合わせ、リズムで盛り上げ、そして、パーティーの始まりを告げるかのように“「FISH TACOS PARTY」をしようぜ!”と川上が高らかに宣言し、観客は飛び跳ねながら、その声に応えた。“[ALEXANDROS]は、何があっても進み続けます。死ぬまで、[ALEXANDROS]続けます!”と宣言し、そして“ラスト1曲いけますか?”と最後は最新アルバムから「アルペジオ」で、会場は大合唱に包まれた。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月17日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。