【レポート】『ランティス祭り』DAY3(5):スペシャル感満載! 12年振りに5人が揃ったSOS団 from 涼宮ハルヒの憂鬱のステージ

【レポート】『ランティス祭り』DAY3(5):スペシャル感満載! 12年振りに5人が揃ったSOS団 from 涼宮ハルヒの憂鬱のステージ
6月23日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール(SOS団 from 涼宮ハルヒの憂鬱) (okmusic UP's)
音楽レーベル“ランティス”が設立20周年を記念し、6月21日(金)~23日(日)の3日間にわたり幕張メッセ 国際展示場 9~11ホールにて開催している『20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG』。その最終日が幕を開けた。

■ SOS団 from 涼宮ハルヒの憂鬱 ■

通称“SOS団”こと“世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団”のステージは、背後のスクリーンにテレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の映像や、“プログラム起動条件 鍵を揃えよ”など謎解き形式の文字を映し出すことで、同アニメの世界に入り込めたような気持ちになった。

スクリーンに映る涼宮ハルヒと同じ髪飾りを付けた涼宮ハルヒ役・平野 綾は、自由にステージを駆け回り「冒険でしょでしょ?」をパワフルに歌い上げる。透かさず、終始その場を動かず、凛とした表情で「雪、無音、窓辺にて」を届けたのは、長門有希役・茅原実里。その一方で、朝比奈みくる役・後藤邑子はチャーミングに、そしてパワフルに『恋のミクル伝説』を届け、場を盛り上げていく。

そのまま「まっがーれ↓スペクタクル」を振り付けを含んだ演出で古泉一樹役・小野大輔が披露したあと、「ハレ晴レユカイ」ではキョン役・杉田智和も4人に混ざり、女性3人が歌う中、5人揃って息の合ったダンスを繰り広げる。

“12年振りに5人揃いました!”とは平野。5人が懐かしいと語り合うと、平野は記憶が呼び覚まされたかのように『涼宮ハルヒの憂鬱』への熱い想いを涙ながらに伝えたのだった。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2019年6月23日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。