『SOOO BAAD REVUE』は関西ブルースシーンの凄腕ミュージシャンたちが残した伝説のレアグルーブ

『SOOO BAAD REVUE』は関西ブルースシーンの凄腕ミュージシャンたちが残した伝説のレアグルーブ
(okmusic UP's)
       
7月8日(月)が不世出のギタリスト、石田長生(享年62)の命日ということで、今週は石田が参加した伝説的バンド、SOOO BAAD REVUE唯一のスタジオ録音盤を紹介したい。関西独自の文化的背景から育まれてきたブルースシーンの成り立ちとともに振り返る。

関西圏の独自の音楽文化

関西弁の歌をはじめ、関西圏の音楽文化は完全に日本のシーンで一定のポジションを得ている。パッと思い浮かんだところで言うと、上田正樹の「悲しい色やね」(1982年)、やしきたかじんの「やっぱ好きやねん」(1986年)辺りがそうだし、「ええねん」(2003年)というまさしく関西弁タイトルのヒット曲を持つウルフルズ、さらには関西人ではないDREAMS COME TRUEが関西弁を取り入れたナンバー「大阪LOVER」(2007年)を発表してヒットさせている辺り、完全に関西文化が邦楽に浸透した証拠であろう。

上記楽曲は音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』で関西弁ソングの魅力を特集した時に紹介されていたのでそこから引用させてもらったが、そもそも同番組の出演者である関ジャニ∞が関西出身だし、ジャニーズ事務所で言えば、ジャニーズWESTもそうだし、忘れちゃいけないKinKi Kidsだってそうである。NMB48を語るまでもなく、アイドルシーンにおいても関西文化は一定の勢力を誇っている。バンド系では、前述のウルフルズを始め、堺市の堺東銀座通り商店街で路上ライヴをやっていた

あわせて読みたい

やしきたかじんのプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Versailles」のニュース

次に読みたい関連記事「Versailles」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桑名正博」のニュース

次に読みたい関連記事「桑名正博」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月3日の音楽記事

キーワード一覧

  1. やしきたかじん 東京

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。