ザ・ベンチャーズの『コンプリート・ライヴ・イン・ジャパン ‘65』はライヴアルバムの決定版!

ザ・ベンチャーズの『コンプリート・ライヴ・イン・ジャパン ‘65』はライヴアルバムの決定版!
(okmusic UP's)
       
60年代中頃、日本で一大ムーブメントを巻き起こしたエレキブームは、加山雄三や寺内タケシらの活躍によって、後のGS(グループサウンズ)の誕生やアマチュアミュージシャンの増加に大きな役割を果たしたと言えるだろう。その最初の火付け役となったのが、今回紹介するザ・ベンチャーズだ。当時の日本での彼らの人気は圧倒的で、海外で爆発的な人気があったビートルズ以上だった。この7月27日から9月11日まで、全国30カ所に及ぶザ・ベンチャーズ結成60周年の記念公演が行なわれる。とはいうものの、65年から現在に至るまで彼らは年に1回以上の来日をしており、日本人アーティストよりも公演回数は多い。「いつでも観ることのできる外タレ」は、いつの頃からかありがたみがなくなったのも事実である。毎回観に行くほどの熱狂的なファンは今でも少なくないが、昔からのファンの高齢化は確実に進んでいる。しかしながら、最近では若い人も増えてきている(家族ぐるみのファン)ようだ。また、ザ・ベンチャーズのコピーバンドは全国津々浦々、老若男女を問わず驚くほど多い。ベストアルバムを含めると100枚以上の作品の中から1枚を選ぶというのは困難な作業であるが、今回は絶頂期とも言える白熱した演奏が味わえる『ザ・ベンチャーズのすべて』(2枚組)のCD化『コンプリート・ライヴ・イン・ジャパン ‘65』を取り上げる。

60年代中頃の日本

僕が洋楽に目覚めたのは9歳で、生まれて初めて買ったシングルレコードはビージーズの「マサチューセッツ」(‘67)だった。この曲は海外のアーティストが初めて日本のチャートで1位を獲得したことで知られているが、今でも名曲中の名曲だと思う。ビートルズもヒット曲を出していたはずだが、なぜかまったく記憶にない。この頃は小学4年生、近所に10歳以上年上のおじさんと4歳上の従兄弟がおり、ふたりとも音楽が好きだったのでたぶん影響されたのだろう。当時子供の間で流行っていたのは、野球、プロレス、相撲、切手集め、テレビ鑑賞(洋画、海外ドラマ、時代劇、ヒーローもの)あたりであったか。平日、友達と夕方まで泥んこになって遊び、日曜日(うちはサラリーマン家庭であったが、当時は土曜日も休日ではなく父親は出勤していた)には母親に連れられてよく映画を観に行った。家族ぐるみの娯楽と言えば遊園地や映画ぐらいだったから、映画館はいつも混んでいた。ゴジラやガメラなどの怪獣映画はもちろん、加山雄三の若大将シリーズもよく観ていた。
加山雄三のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「加山雄三 + ライブ」のおすすめ記事

「加山雄三 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「加山雄三 + 光進丸」のおすすめ記事

「加山雄三 + 光進丸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「藤井郁弥」のニュース

次に読みたい関連記事「藤井郁弥」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月12日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 加山雄三 ライブ
  2. 加山雄三 光進丸

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。