高橋優、自身が主催する野外フェス『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』が大盛況!

高橋優、自身が主催する野外フェス『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』が大盛況!
『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』 (okmusic UP's)
9月3日と4日の2日間にわたり、秋田県横手市のグリーンスタジアムよこてで高橋優が主催する野外音楽フェス『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』が開催された。

【その他の画像】家入レオ

横手市は高橋が高校時代まで過ごしてきた生まれ故郷。「音楽で秋田を盛り上げたい!」という熱い思いが込められたこのフェスには2日間で16,000人のオーディエンスが参加し、秋田の文化やグルメなどを堪能しながら、全14組のアーティストによるライブを楽しんだ。

初日は、昨年高橋優を秋田の音楽大使に任命した佐竹敬久秋田県知事のユーモアたっぷりな挨拶でスタートし、髙橋 大横手市長が力強く開会宣言。大歓声に迎えられて高橋優がステージに登場すると『晴天の中でこのフェスを開催出来てすごく嬉しく思っています。今日1日、最高に楽しい時間を一緒に過ごしましょう!』と晴れやかな笑顔で語りかけ、1曲目に『僕が今いちばん思っている気持ちを連呼する曲』だという「HITO-TO-HITO」を弾き語りで披露した。

真夏のような太陽が照りつける中、ライブは高橋のことを"優兄さん"と呼び慕っているチームしゃちほこの元気いっぱいなパフォーマンスからスタート。白神ステージでは月9ドラマ『ラブソング』でも話題を集めた藤原さくら、全力投球で真っ直ぐな歌を爆発させたファンキー加藤と続いていき、事務所の大先輩であるBEGINは笑いと歌の力で会場をひとつにしながら「海の声」などを披露。秋田の地に沖縄の風を届けてくれた。お隣の鳥海ステージでは、お笑いコンビどぶろっくの2人を中心とするバンド、どぶろっかーずや、福田彩乃、青木隆治が登場。抜群の歌唱力を誇るモノマネやネタで会場を沸かしながら、ただアツく盛り上がるだけではなく、家族が一緒に楽しめるような笑顔の時間が用意されていたのもこのフェスの特徴だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

家入レオのプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る 2016年9月5日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ポルノグラフィティ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルノグラフィティ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「flumpool」のニュース

次に読みたい関連記事「flumpool」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「湘南乃風」のニュース

次に読みたい関連記事「湘南乃風」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。