BUMP OF CHICKEN、初のメットライフドーム公演にて全国ツアーが開幕!

BUMP OF CHICKENが7月10日にリリースした約3年5カ月振りのニューアルバム『aurora arc』。この表題を付けたあとにメンバー4人で実際にカナダにあるオーロラの街“イエローナイフ”に足を運んだという。新作を通して聴いた際、胸を突き上げるような高揚感を感じた。けれど、ライヴはその何十倍とも言えるポジティヴなエネルギーを放ち、ここに集まった観客を至福の境地に誘っていた。奇跡のオーロラをみんなで分かち合うような、至上の音楽体験がここにはあった。

アルバム『aurora arc』を引っ提げた全国ツアー『BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark』は、バンド初となるメットライフドーム2デイズ(合計7万2千人を動員)を皮切りにスタート。メンバーも口にしていたが、この日は令和になって初ライヴであり、メットライフドームでやること自体も初、そして記念すべきツアー初日。初めて尽くしとなったものの、ライヴ終盤に直井由文(Ba)が“初日は緊張でガタガタなんだけど、もう家だもん、我が家みたい”とこぼすほどアットホームな雰囲気があり、もっと言えば会場が多幸感に満ちあふれていた。煌びやかなイントロに吸い込まれそうになった「Aurora」ではMVを手掛けた林 響太朗監督によるオイルアートを使用し、柔らかく包み込むようなサウンドと非常にマッチしており、非日常の幻想空間へと連れて行かれるような感覚に陥った。また、新作の中でも個人的にもフェイバリットソングのひとつである牧歌的なアコギを用いた「月虹」は、曲が始まった瞬間に知り合い同士でハイタッチする様子が目に飛び込み、その光景を見てこちらも幸せな気持ちになってしまった。音源で何度も聴いてる楽曲にもかかわらず、実際の生演奏に触れると、全身の血が沸き立つような勇壮なメロディーラインに興奮を抑えられなかった。さらに「新世界」においてはロッテ『ベイビーアイラブユーだぜ』のCMソングから派生したMVのリアレンジバージョンで披露されたりと、ハッとする場面も多々あり、終始目が離せない。  ショウ自体は過去曲を交えつつ、新作の楽曲群も好リアクションで観客に受け入れられ、昔から追いかけ続けている、あるいは最近聴き始めたばかりという人をも平等に巻き込んでいくサウンドメイキングと演出効果に唸らざるを得なかった。

この記事の画像

「BUMP OF CHICKEN、初のメットライフドーム公演にて全国ツアーが開幕!」の画像1 「BUMP OF CHICKEN、初のメットライフドーム公演にて全国ツアーが開幕!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク