『SUGIZO 聖誕半世紀祭』が終幕。GLAY、清春、sukekiyoらが祝福

『SUGIZO 聖誕半世紀祭』が終幕。GLAY、清春、sukekiyoらが祝福
7月7日@中野サンプラザホール/SUGIZO (okmusic UP's)
LUNA SEA、X JAPANで活躍するSUGIZOの聖誕祭半世紀を祝う『SUGIZO 聖誕半世紀祭HALF CENTURY ANNIVERSARY FES.』が、SUGIZOの誕生日である7月8日と、誕生日の前日である7月7日の2日間、中野サンプラザホールで開催された。その初日、7月7日の模様をレポートする。

定刻より30分ほど押しての開演。SUGIZOのユニットS.T.K.のメンバーである谷崎テトラが、DJとして会場時に実験的アンビエントを奏でる。シンセサイザーとPCで幻想的な音を鳴らし出す中、SUGIZOが登場しS.T.K.としての演奏が始まった。

S.T.K.(Sensual Technology Kooks)のことを簡単に記しておくと、谷崎テトラは環境、平和、社会貢献、フェアトレードなどのジャンルで活躍する作家、放送作家、メディア&音楽プロデューサー、トラックメーカー。その谷崎とSUGIZOのヴァイオリンが組み合わさった電子音響ユニット。2005年より活動を始め、これまでアースデイやピース・オン・アースなどメッセージを発信する重要なイベントに数多く出演してきた。

ステージ上で二人の醸し出す音はまるで、海の中にいるかのような神秘的で深淵だ。しかも、ステージには海の映像が映し出された。続いて映像が森へと変わり、二人の演奏も森の中にいるような壮大なものになる。

海から森へ……それはまるで生命の進化を辿っているかのようだった。そこへ、女性ヴォーカルのYaeが登場し、祈りのような美しい歌声を重ねて行く。この地球の歴史を考えた時、人類の誕生は、大いなる変化をもたらしたと同時に、地球を破滅的な方向へとシフトさせてしまったのはご存知の通りだ。果たして、この美しい歌声は、地球を破壊から逃がすための祈りなのか。それとも、破壊とも知らず、文明を謳歌する人類の無邪気な声なのか…。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 清春 Instagram
  2. 清春 twitter
  3. 清春 ライブ
清春のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る 2019年7月17日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「清春 + twitter」のおすすめ記事

「清春 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「清春 + ライブ」のおすすめ記事

「清春 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「Hyde」のニュース

次に読みたい関連記事「Hyde」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。