LEO今井、書き下ろし主題歌も入った映画『プリズン13』の特報映像が公開

LEO今井、書き下ろし主題歌も入った映画『プリズン13』の特報映像が公開
LEO今井 (okmusic UP's)
LEO今井が、8月30日(金)公開の映画『プリズン13』の主題歌として書き下ろした、新曲「Fandom (Remix For A Film)」入りの特報映像が公開された。

同映画は堀田真由の主演作で、監督・脚本を渡辺謙作が担当。主題歌は渡辺監督より熱意のあるオファーを受けたLEO今井が、7月24日(水)発売のカバーEP『6 Japanese Covers』収録の「ヤングたかじん」用に自身が作ったトラックを元に、全く違う新曲として制作したものとなる。

楽曲の成り立ちや、自主企画ツーマン『大都会ツアー』と映画公開日が8月30日(金)と同日である偶然もあり、本EPのボーナストラックとして収録されることにもなった。

また、LEO今井YouTubeチャンネルにて、トラックの元となった「ヤングたかじん」の試聴もスタート。ぜひ聴き比べをしていただき、カバーEPの発売を楽しみにしてほしい。

LEO今井は8月30日(金)より人間椅子、eastern youth、ZAZEN BOYS、前野健太、呂布カルマらカバーアーティストを相手に挑む全国5カ所を巡る自主企画ツーマン『大都会ツアー』を開催。チケットは7月20日(土)より発売開始となる。

【コメント】

■渡辺謙作
「撮影前、エンドロールで余韻にひたらせたくないな、現実が映画と地続きみたいな感覚をもってもらいたいな、と考えていて、ふとLEO今井のデーモニッシュな歌声が脳内をよぎった。彼の『VLP』というアルバムは傑作で、1曲目の「Wino」の曲調が映画とドンピシャだと思ったのだ。しかしいかんせん歌詞世界は“Wino(飲んだくれ)”で、映画とはマッチしない。更に諸問題が噴出し、座礁しかかった時、LEO君の方から奇跡的なアイディアが寄せられ、そこからは神の思し召しのように実現した。 僕はLEO今井の世界の捉え方を信頼していたし、そこに彼のあの声が乗れば、そりゃカンペキだ、と出来上がりをワクワクして待ちましたが、いただいた曲はカンペキを軽く超えていた。ありがとう!」

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2019年7月20日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。