BAHOの『TREMENDOUS』はCharと石田長生というスーパーギタリストによる“とてつもない”アルバム

BAHOの『TREMENDOUS』はCharと石田長生というスーパーギタリストによる“とてつもない”アルバム
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
7月25日が石田長生の生誕の日ということで、7月3日に取り上げた『SOOO BAAD REVUE』に引き続いて、今週も石田長生関連のアーティストを紹介する。石田がCharと組んだギター・ユニット、BAHOだ。ギター馬鹿と阿呆ほどにギターを弾く人──その“馬”と“呆”で“馬呆=BAHO”。東西の凄腕ギタリストがそのテクニックを見せつけるだけでなく、音を楽しんで音楽という基本中の基本を示してくれた伝説の2人組である。

BAHOの魅力とはやはりライブ

漫画家でありイラストレーターの江口寿史氏が自身の著作『THIS IS ROCK!!』の中の「BAHO LIVE 見聞録」において、文字通り、BAHOのライブ(1992年11月5日@川崎クラブチッタ)を漫画で紹介しながら、併せて文章も寄せていたので、以下、引用させていただく。

BAHOというバンドから好きな何曲かを選ぶ、というのは無意味なことだ。
BAHOの魅力とはやはりライブであり、二人の掛け合い、ギターの音色、リラックスしたあの場の雰囲気そのものであるからだ。
まぁ、仮にも音楽好き、ロック好きを自認する人であれば、彼らのライブを観て心弾まぬ人はいないだろう。
いっさいの飾りも気負いも必要とせず、一本のギターがあれば楽しませることができる。
プロフェッショナルとは、こういう人達のことを言うのだと思う。
(江口寿史著『THIS IS ROCK!!』より)

漫画の方は初出が1992年の『週刊ヤングジャンプ』らしいのだが、文章は書籍化の際に加筆したものだろう。江口寿史という人はもちろん絵も天才的に素敵なのだが、文章力もなかなかのものだ。短文だが、BAHOの性格を的確の表した名文だと思う。

この記事の画像

「BAHOの『TREMENDOUS』はCharと石田長生というスーパーギタリストによる“とてつもない”アルバム」の画像1 「BAHOの『TREMENDOUS』はCharと石田長生というスーパーギタリストによる“とてつもない”アルバム」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク