2019年3月から全国ツアー『MUSIC MUSCLE TOUR 2019』をスタートさせた大黒摩季が、7月26日、渋谷NHKホールに3,000人を集めたファイナル公演を無事終えて、34本となる全ツアーを終了した。

6年間におよぶ病気療養から2016年に復帰して2回目となる今回の全国ツアーは、2018年12月に発売された8年ぶりのオリジナルアルバム『MUSIC MUSCLE』を提げてのアルバムツアー。
85本という1年2カ月を掛けた前回のツアーが、ファンへの復帰からの挨拶ということでヒット曲中心だったものに対して、今回はアルバムのテーマを持ち込んだストーリーとメッセージからなるエンターテインメントライブとなった。

オープニングは、ライブのストーリーの発端となる少女・アヤナの独白から始まる。そして、最後の“MAKIみたいになりたい”というキメ台詞の後、スクリーン越しに浮かび上がるのは、アルバムのジャケットと同じスタイル、ポーズを決めた大黒摩季。1曲目はアルバムのリード楽曲になっている「LOVE MUSCLE」。そして、2曲目でスクリーンが上がると、大人気アニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマにもなった「Lie, Lie, Lie,」が始まり、ここからダンサーを交えたラテンコーナーが続く。

途中、海の風景に乗せて“Resting”の文字が浮かび上がると一気にスローダウンして、アルバムの中からゆったりした癒しの曲が続く。
「Naturally」では、この日のためのゲストとして、アルバムにも参加したSPiCYSOLのKENNYとのデュエットを聴かせる。そして、大黒摩季自身のピアノ弾き語りによる「Mama forever」の熱唱で1部が終了、15分の休憩に入る。ROCK、POPS系のコンサートでは珍しい演出である。

2部のスタートも1部同様に映像を使い、アヤナが大人になり、2039年の近未来が舞台となることを伝える。AI、BIに侵食された人類に“情緒”を取り戻そうとサイボーグとなったMAKIが立ち上がるところから始まる。

1曲目は、「EXPLOSION」。
スクリーンが上がると、全身メタリックな衣装に身を包んだ大黒摩季が立ち、メンバーもさながら戦闘服をイメージした衣装に身を包んでいる。2曲目「FIGHT★GO☆FIGHT ~戦え BLOODY HEART~」が始まると、アルバムにも参加したJUDY&MARYのギタリスト・TAKUYAが同様の戦闘服で参加し、絶妙のソロを披露! その後、「リベンジ」までアルバムからの曲が続いた後、間髪入れずに「熱くなれ」「チョット」などヒットメドレーが続く。そして、「Anything Goes!」が終わってMCが入ると、そこで今回のツアーに込めた大黒摩季の思いが語られた。

ライブのプランを練っている時に、改元を目の前に控えて、世の中も新時代の到来と盛り上がり始め、それを感じた大黒摩季は、昭和世代が新しい時代に何を残せるかをテーマにライブを考えることにしたという。そしてひとつは、1部で演奏したようなアナログ・サウンドと2部のようなデジタル・サウンドを通して、ヘッドホンではなく音楽を体感して欲しいということ。

ふたつ目は、コンプライアンス等で思ったことも言えなくなった時代を経て、令和の時代には昭和世代はもう一度思ったことを言え、そしてSNSなどの言葉の暴力から令和世代を守っていきたいということ。


3つ目は、平成に多発した災害の中で、熊本では1カ月掛かった段ボールの避難所が北海道では5日ほどで出来たのは、被災された方々の悲しみ、傷や努力が、実は次の災害への復旧の糧となっている。だから、誰一人、無駄な痛みなんてないんだ!ということ。この3つをライブを通して表現したかったという。そして、その想いを込めて歌った「FIRE」、そして「Higher⤴︎⤴︎Higher!⤴︎⤴︎」で本編を終えた。

アンコールでは、アルバムにも収録されている「Natural Woman」をバックに、アヤナの回想でストーリーは終わり、再び登場した大黒は“夢に向かった戦っている人は、みんな“ロッカー”です!”と語り、アルバムから「東京 ロケンロー」を歌うが、この時、麗蘭のギタリスト・土屋公平がゲストとして参加した。

定番の「ら・ら・ら」では、客席を回り、観客と大合唱し、会場がひとつになって盛り上がる。
最後に、もう一度演奏された「LOVE MUSCLE」。ここで、アルバム、プロモーションビデオにも参加した元プリンセスプリンセスの渡辺敦子と富田京子がゲスト出演して、3時間にわたるライブは幕を閉じた。

今回のツアーは、令和への移行の中で何かメッセージを残していきたいという想いから、大黒摩季自身が自ら考えたストーリー、演出プランを具現化したという。前回のヒット曲オン・パレードのライブ・ショーから、テーマを持ち込み音楽、映像、ステージセットとで表現した今回のライブは、エンターテインメントライブとして、令和の時代にまだまだ進化し続ける大黒摩季のひとつのスタイルになっていくかもしれない!と感じたファイナルであった。