超特急、新木優子と高良健吾W主演ドラマ『モトカレマニア』の主題歌を担当

超特急、新木優子と高良健吾W主演ドラマ『モトカレマニア』の主題歌を担当
超特急、新木優子 (okmusic UP's)
       
超特急の楽曲「Revival Love」が、新木優子と高良健吾のふたりが主演を務めるフジテレビ系10月期の木曜劇場『モトカレマニア』(10月17日放送スタート)の主題歌に決定した。

『モトカレマニア』は現在女性漫画誌『Kiss』(講談社)にて連載中の同名コミックが原作となっており、コミックスは3巻まで発刊。元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア”になった女の子の混乱と暴走と試行錯誤の物語を描いた作品となっている。なお超特急が木曜劇場の主題歌を担当するのは、『探偵の探偵』(2015年7月期)以来4年ぶり。今回の決定を受け、主人公を演じる新木優子と対面し、互いに熱いエールを贈り合った。

ブラスの音色も華やかな主題歌の「Revival Love」について、ヴォーカルのタカシは“ドラマの明るい世界観にもつながるようなアップテンポでハッピーな楽曲になりました。歌詞に関しても世の男性、女性、それこそ“モトカレマニア”な方にも共感いただける部分が多いんじゃないかなと思います”とコメント。

また今回、作詞・作曲をいきものがかりのギターである水野良樹が担当している。これについて超特急のタカシは“超特急が他のグループの方に曲を提供いただくのは初めて。この楽曲を通じていつかコラボができたらいいなと願っています”と、喜びの言葉を口にした。

さらにすでに楽曲を試聴したという新木も“私が演じるユリカというキャラクターはアップダウンが激しくて、この曲にも想いを引きずっているような切ない歌詞がところどころに散りばめられていますけど、ユリカはそれを楽しんでいるところがあるんですよ。なので超特急の皆さんがポップに歌って踊ってくださることで、ユリカの気持ちをアップの方向に盛り上げてくれるような、すごくすてきな曲になっているんじゃないかと思います”と分析。それを聞いた超特急のメンバーは“素晴らしい! この圧倒的なコメント力、僕らも見習わなければ!!”と絶賛したとのこと。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月10日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。