ポルノグラフィティ、東京ドーム2デイズ公演は5万人の観衆と乾杯で終幕!

ポルノグラフィティ、東京ドーム2デイズ公演は5万人の観衆と乾杯で終幕!
9月8日@東京ドーム (okmusic UP's)
ポルノグラフィティが20周年のアニバーサリーイヤーの締め括りとして、9月7日・8日の2日間に渡って東京ドームでライヴ『20th Anniversary Special LIVE“NIPPONロマンスポルノ'19~神vs神~”』を開催。10周年の東京ドーム公演は1日だったが、今回は2デイズ開催で、セットリストの大半が異なっている“神セトリ”でお届け。ファンの期待も高く、両日ともにチケットがソールドアウトとなっていた。

 9月8日、2日目は台風接近の予報。雨男で知られるポルノグラフィティだけに心配したファンも多かったはず。しかし開演時間には青空が広がっており、無事開演。火薬の特効が鳴り響き、ファンファーレが轟く。バンドメンバーがステージに登場したあと、この日は昭仁と晴一がセンターステージに現れた。予想外の登場に会場からは大きな拍手と歓声が起こり、「プッシュプレイ」でライヴがスタート。“東京ドーム!『神vs神』最終日! ポルノグラフィティデビュー20周年、お前らの魂の叫びを聞かせてくれ! 20年で一番の魂の叫びを!”と昭仁が煽り、「Mugen」へと続いていく。

“東京ドーム、盛り上がってますか? あんたらの心は熱くなってますか? 『神vs神』最終日、全てを出し尽くすよね? あんたらの気合はわかっとるよ(笑)。リミッターを外せ! 馬鹿騒ぎして帰りましょう!”と昭仁が挨拶をすると、晴一も“すごいよ、東京ドーム。お客さんの声が大きすぎてモニター(の音が)決められんかった。今日やらんといつやるんやって日やからね。最後までよろしく!”と前日を超える勢いの観客の声援の大きさに驚いたようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ポルノグラフィティ ライブ
OKMusicの記事をもっと見る 2019年9月21日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ポルノグラフィティ + ライブ」のおすすめ記事

「ポルノグラフィティ + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「WANIMA」のニュース

次に読みたい関連記事「WANIMA」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「秦基博」のニュース

次に読みたい関連記事「秦基博」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら