indigo la End × ゲスの極み乙女。、レア曲やサプライズな演出も飛び出したデビュー5周年記念ライヴ

ゲスの極み乙女。とindigo la Endがメジャーデビュー5周年を記念して、9月15日(日)新木場Studio Coastにて2マンライヴ『馳せ合い』を開催。場内に入ると、ステージ下手の巨大スクリーンにメンバー同士で2バンドの個性や違いを語り合う映像が流れ、観客も待ち時間を有意義に過ごせる工夫を凝らし、多くの人たちが興味深く話に耳を傾けていた。それから17時14分に開場中ACTとして、男性シンガーソングライター“うえの”がアコギ弾き語りで登場。澄んだ甘い歌声を存分に聴かせ、ラスト曲「メッセージ」では自然とフロアーからハンドクラップが起きる好リアクションを得ていた。

開演時刻17時半、スクリーンに川谷絵音(Vo&Gu)が姿を見せ、ゲスの極み乙女。、indigo la Endの2バンドを従えるフロントマンとしての心情を素直に吐露する。“ゲスが売れた時に気まずさはあった”“どちらもバンドの図体に差はない”“今日は倍率が高くて、この2マンをみんなが期待してくれるんだなと思った”と語った後、ようやく2マンライヴの幕開けである。

先攻はindigo la Endで、川谷、長田カーティス(Gu)、後鳥亮介(Ba)、佐藤栄太郎(Dr)のメンバー4人が現れると、「夜明けの街でサヨナラを」でスタート。早くもハンドクラップや手を挙げる人たちが増え、次の「名もなきハッピーエンド」ではサビの高揚感も相まり、場内も徐々に活気付いていく。テクニカルな演奏で惹き付ける「billion billion」は各楽器のフレーズが際立ち、この4人だからこそ生まれるバンドアンサンブルに酔いしれるばかり。“結構、久しぶりの曲をやります”と言うと、「染まるまで」へ。郷愁を刺激するメロディーに、僕の前方では肩を揺らしながら曲に身を委ねている女性の姿が目に飛び込んできた。

この記事の画像

「indigo la End × ゲスの極み乙女。、レア曲やサプライズな演出も飛び出したデビュー5周年記念ライヴ」の画像1 「indigo la End × ゲスの極み乙女。、レア曲やサプライズな演出も飛び出したデビュー5周年記念ライヴ」の画像2 「indigo la End × ゲスの極み乙女。、レア曲やサプライズな演出も飛び出したデビュー5周年記念ライヴ」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ゲスの極み乙女」に関する記事

「ゲスの極み乙女」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ゲスの極み乙女」の記事

次に読みたい「ゲスの極み乙女」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク