くるり主催「京都音楽博覧会2015」、大盛況のうちに終了!

くるり主催「京都音楽博覧会2015」、大盛況のうちに終了!
9月20日(日)@「京都音楽博覧会2015 IN 梅小路公園」(くるり) (okmusic UP's)
2016年にバンド結成20周年を迎えるくるりが、9月20日(日)に「京都音楽博覧会2015 IN 梅小路公園」を開催した。

【その他の画像】木村カエラ

12:00。くるりの岸田繁(Vo&Gu)と佐藤征史(Ba)による開会宣言で始まった「京都音楽博覧会2015 IN 梅小路公園」。初回開催の2007年より大きな発展を遂げた梅小路公園は快晴に恵まれ、青空がどこまでも澄みわたる。岸田は現在産休中のファンファン(Trumpet、Key)から届いたメールのメッセージを読み上げ、開始に向けての決意を語った。

12:05。岸田が中学生の頃に所属していた空手部での練習中に常に口ずさんでいたという憧れのアーティスト、高野寛を呼び込んだ。その高野はヒットナンバー「虹の都」でスタート。弾き語りスタイルで演奏していく。さらに、ボブ・ディランの名曲に日本語で訳詞を付けた「時代は変わる」を演奏。さらに、くるりの「ワンダーフォーゲル」をカバーし、“音博でこの曲が演奏できて最高です”と語った。その後、「ベステンダンク」を弾き語り、最後は「確かな光」で締めくくった。

12:55。次はCosmo Sheldrake(コスモ・シェルドレイク)。ロンドンを拠点に活動する25歳のヴォーカリスト/マルチインストゥルメンタリスト/プロデューサーは、DJスタイルで登場。日常のあらゆる音をサンプリングして曲にしてしまうという天才音楽家だ。岸田が“最近の英米アーティストの中で最先端の越境的サウンド。にもかかわらず18世紀的なメロディーはまるで美味しい紅茶のよう。凄すぎて説明できませんが、きっと英米シーンは彼を中心に変わっていくことでしょう”と語っているとおり、その音楽、プレイごとにオーディエンスを完全に魅了していった。日本でも虜になった人が多い「Prefusify」や「Rich」などを披露した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2015年9月23日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Dragon Ash」のニュース

次に読みたい関連記事「Dragon Ash」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「椎名林檎」のニュース

次に読みたい関連記事「椎名林檎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「神聖かまってちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「神聖かまってちゃん」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。