中村佳嗣(Eins:Vier)の50歳のバースデーライヴに清春、TETSUYA、有村竜太朗らが集結

中村佳嗣(Eins:Vier)の50歳のバースデーライヴに清春、TETSUYA、有村竜太朗らが集結
11月19日@東京・Veats Shibuya photo by 森好弘/村井香 (okmusic UP's)
Eins:Vierのギタリストである中村佳嗣の50歳のバースデーライヴ『中村佳嗣生誕五十年記念祭』が11月19日に東京・Veats Shibuyaにて開催された。Eins:Vierのメンバーであり、サポート・ギタリストとして多数のアーティストから絶大な信頼を集める中村佳嗣のバースデー当日に行なわれた本公演、出演はEins:Vier、有村竜太朗清春、ZIGZO、TETSUYA、u crack irigaru(O.A)(五十音順)といった豪華な顔ぶれ。中村が長年サポートを務めてきたミュージシャンや親交の深いアーティストが名を連ねる、一夜限りの特別な趣向だ。こうして自身のイベントを開催すること自体が想像しにくい無口でシャイな印象の中村だが、事の発端は、ある日突然現れた“中村佳嗣"名義の“謎のTwitterアカウント"。このアカウントから発信された名言(迷言?)の数々と生誕祭開催に至るまでの道のりをここで詳しく述べるのは野暮というもの。この記念すべき日に、出演者たちがどんな曲を披露し、どんなコラボレーションを見せてくれるのか注目が集まった。

平日の午後4時開演にもかかわらず、場内は超満員で、幸せな熱気に包まれている。プラチナ・チケットを手に入れた幸運な観客たちは、何が飛び出すかわからない宴の隅々まで目に焼き付けようと準備万端だ。

この日のフロアにまず響き渡ったのは、オープニング・アクトu crack irigaruの浮遊感を伴うサウンド。ミステリアスな映像をバックに、甘く官能的な歌声が退廃的なムードを漂わせる。ギターを務めるのは、もちろん本日の主役、中村佳嗣。清春のライブでの場内BGMとしても慣れ親しまれている、ダーク・アンビエントやポスト・インダストリアルの空気をまとった音楽が観客の体を揺らしていく。kate(Vo)が「ハッピー・バースデー!」と中村を祝福すれば、三代堅(B)は「今日はよっちゃんが一番大変だけどね」と場を和ませる。その間、周囲にペコペコと頭を下げる中村の姿が印象的だった。約30分間にわたる、妖しく美しいゆらめきに満ちたオープニング・アクトだった。

あわせて読みたい

清春のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「清春 + twitter」のおすすめ記事

「清春 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「清春 + ライブ」のおすすめ記事

「清春 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月26日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 清春 Instagram
  2. 清春 twitter
  3. 清春 ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。