上妻宏光、初の北京公演で“伝統と革新”を体現

上妻宏光が1月18日、北京天橋芸術センター劇場で行われている『相約北京(Meet In Beijing)フェスティバル』にて初となる北京公演「NuTRAD 伝統と革新 ジャンルを超えるコンサート」を行なった。

2000年から始まり、これまで19回、世界各地のアーティストが参加し開催されており、中国文化部、北京市政府、国家映画放送総局、中国対外演出会社と北京市文化局が共同主催による大規模フェスティバル『相約北京(Meet In Beijing)フェスティバル』。本公演は“伝統と革新"をテーマに津軽民謡、EDMを取り入れたオリジナル曲からシャンソンやJazz、J-POPのカバーまで披露し、会場は大盛況のうちに幕を閉じた。

冒頭はオリジナル曲の「AKATSUKI」、「BEAMS -NuTRAD-」でEDMと三味線を融合させた革新的な楽曲からスタート! 客席からは自然と手拍子が湧き、開始早々一体感が生まれた。また、MCでは北京語に挑戦。客席からは暖かい拍手が沸き上妻宏光と客席の距離は一気に縮まった。今回サポートメンバーであるパーカッショニストはたけやま裕との「ONE TO ONE」、そしてピアニスト阿部篤志とのジャズアレンジをした「枯葉」、即興演奏が冴えわたりながら息のあったセッションも披露。1部は‟革新"を見せつけられた圧巻のステージとなった。

そして、2部は和装で登場。「津軽じょんから節(旧節)」を演奏すると真髄に迫る演奏で客席は息を飲み見つめた。その後、上妻は「日本のこの曲は知っていますか?」と

この記事の画像

「上妻宏光、初の北京公演で“伝統と革新”を体現」の画像1 「上妻宏光、初の北京公演で“伝統と革新”を体現」の画像2 「上妻宏光、初の北京公演で“伝統と革新”を体現」の画像3 「上妻宏光、初の北京公演で“伝統と革新”を体現」の画像4
「上妻宏光、初の北京公演で“伝統と革新”を体現」の画像5 「上妻宏光、初の北京公演で“伝統と革新”を体現」の画像6 「上妻宏光、初の北京公演で“伝統と革新”を体現」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

上妻宏光のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「上妻宏光」に関する記事

「上妻宏光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「上妻宏光」の記事

次に読みたい「上妻宏光」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク