清春、10thアルバムの全曲リスニングパーティーを開催

清春、10thアルバムの全曲リスニングパーティーを開催
拡大する(全8枚)
1月31日@Shibuya Veats (okmusic UP's)
3月18日(水)に10枚目、約2年ぶりとなるオリジナルアルバム『JAPANESE MENU / DISTORTION 10』をリリースする清春が、1月31日(金)にVeats SHIBUYAでファン限定300人を集めてアルバムの全貌をいち早く届けるリスニングパーティーを開催。MCには『Rolling Stone』誌で歯に衣着せぬインタビューで話題のジョー横溝氏が担当。清春とは同い年ということで、同世代ならではの共通感覚を共有している二人の和気あいあいとした3時間を超えるトークライブとなった。

実は当日の朝10時半までこの日に視聴する楽曲のレコーディングをしていたという清春。リスニングパーティーのため、まだアレンジが残っているものの90%の完成度というできたてほやほやの音源をこの日のために持ち込んだそうだ。

イベントでは冒頭から、話題は今回のアルバムのコンセプトアートワークの核をなすことになった「やまなみ工房」との出会いについて話が及ぶ。知的障害や精神疾患を抱えた通所者が快適な環境でずば抜けた芸術的感性に溢れたアート活動を継続できるようサポートするこの工房からライブのオファーを受けたことをきっかけに、工房を訪れた清春は、その芸術性に高く感銘を受けることとなり、コラボレーションが実現することになった話の流れから、この「やまなみ工房」のイラストによる本作のジャケ写が初公開となった。

初回限定盤はオリジナルのアートワークは割り箸を削って墨で書き上げたという力強いタッチの作品。実際の大きさは畳一畳のサイズに及ぶ大作だそうだ。女性が書き上げたという通常盤のアートワークは色彩豊かで暖かさがにじみでた対象的な作品となっている。今回のコラボレーションに当たり、知的障害者が抱える苦労とアウトサイダー・アートに関して勉強してきたという清春。実際に作品に触れ合うことによって、闇の中から光り輝く芸術性を見出した事に触れた話に会場はどんどん引き込まれていく。「障害者ということで敬遠することなく、すごいアートの世界があるっってことを知ってほしい。福祉ではなくアートをシェアしてほしい」と訴えた清春の言葉は会場にいる全員に突き刺さったことだろう。

この記事の画像

「清春、10thアルバムの全曲リスニングパーティーを開催」の画像1 「清春、10thアルバムの全曲リスニングパーティーを開催」の画像2 「清春、10thアルバムの全曲リスニングパーティーを開催」の画像3 「清春、10thアルバムの全曲リスニングパーティーを開催」の画像4
「清春、10thアルバムの全曲リスニングパーティーを開催」の画像5 「清春、10thアルバムの全曲リスニングパーティーを開催」の画像6 「清春、10thアルバムの全曲リスニングパーティーを開催」の画像7 「清春、10thアルバムの全曲リスニングパーティーを開催」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

清春のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「清春」に関する記事

「清春」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「清春」の記事

次に読みたい「清春」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク