2020年序盤のフレッシュな新譜から期待のブライテストホープを紹介

ついこの間2020年を迎えたかと思ったら、気付けばもう2月の中旬。ボーッと生きてるわけじゃねーのですが、時が経つのは早いものですね。そうこうしているうちに素敵なリリースもたくさんあったので、今年序盤の新譜から個人的にブライテストホープとして期待したいアーティストをご紹介。ニューフェイスを中心にピックアップしてみました。

「PINK YELLOW BLUEZ」('19) /SULLIVAN's FUN CLUB

“このバンドは間違いない!”と久しぶりにビビッときたのが、北海道・札幌発のSULLIVAN's FUN CLUB(サリバンズファンクラブ)。昨年は『SUMMER SONIC』への出演、『マイナビ未確認フェスティバル』グランプリ獲得を果たし、今まさに勢いに乗っている時期で、3月4日には初の全国流通盤となるミニアルバム『Sentimental Young Ones』をリリースします。90年代のオルタナ、パンク、パワーポップなどに影響を受けたヒリヒリとしたバンドサウンド、がなるような歌唱を含みながらも言葉が聴き取りやすいピュアなヴォーカル、瑞々しさと切なさを併せ持つメンバー全員10代とは思えない世界観を、配信中の「PINK YELLOW BLUEZ」でまずは感じてください。

「Akari」('20)/Kitri

昨年のメジャーデビュー以降、ポップかつミステリアスな楽曲でじわじわと注目を集めてきた姉のMonaと妹のHinaによるピアノ連弾ヴォーカルユニット、Kitri(キトリ)が待望の1stフルアルバム『Kitrist』を1月にリリースしました。「Akari」はそのリード曲で、プロデューサーの

この記事の画像

「2020年序盤のフレッシュな新譜から期待のブライテストホープを紹介」の画像1 「2020年序盤のフレッシュな新譜から期待のブライテストホープを紹介」の画像2 「2020年序盤のフレッシュな新譜から期待のブライテストホープを紹介」の画像3 「2020年序盤のフレッシュな新譜から期待のブライテストホープを紹介」の画像4
「2020年序盤のフレッシュな新譜から期待のブライテストホープを紹介」の画像5 「2020年序盤のフレッシュな新譜から期待のブライテストホープを紹介」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク