今年こそはワンマンが観たい! アーティスト5選

今年こそはワンマンが観たい! アーティスト5選
ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲! (okmusic UP's)
気付けば2月ももうすぐ終わり…時間が過ぎてくのは早いものですが、毎年年が明けると新年の抱負ならぬ“今年こそあの人たちのライヴに行くゾ!”そんなことを考えたりします。近年、フェスという画期的なイベントのおかげで“観てみたいけどなかなかね~”っていう存在のライヴに、お試し感覚で参戦できるのは単純にワクワクするありがたい機会だな、と♪ 観終わって、その30~40分で満足してしまうこともあれば、“これはフルサイズでぜひ観たい!!”って思うバンドもいるわけですよ。そんな中から、個人的に“今年こそは!”という5組をご紹介。ジャンルもバラけてると思うので、あなたのアンテナに引っかかったらぜひご一緒に(笑)。

「デスコ」(’10)/女王蜂

驚愕の高音と低音を使い分けるアヴちゃんのヴォーカルに始まり、観る者を釘付けにさせるルックス・ファッション・パフォーマンス、世代がひとつ違うよね?という90年代を感じさせる言葉選び、独創性が際立つ楽曲…全てが想像圏外で衝撃的なバンド・女王蜂の、音源としてこの世に生まれ落ちた最初の一曲「デスコ」。2010年の元旦に発売した自主制作盤『姫様御乱心』に収録され、メジャー後の2ndアルバム『孔雀』にも再録されているこの曲、今やライヴではお決まりの光景となったジュリセン(バブル期のディスコ“ジュリアナ”で振られていた鮮やかな羽根の付いた扇子)が乱れ舞う、女王蜂のライヴを楽しむには打って付けのナンバー。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月24日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。