Angelo、熱狂と多幸感に包まれたキリト(Vo)バースデーライブ

Angelo、熱狂と多幸感に包まれたキリト(Vo)バースデーライブ
拡大する(全3枚)
2月24日@LINE CUBE SHIBUYA (okmusic UP's)
キリト(Vo)の誕生日当日である2月24日、『Angelo LIVE at LINE CUBE SHIBUYA「A CONNECTED FIELD」』がLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で開催された。近年恒例となっているこのバースデーライブは今回で9年目を迎え、年に一度の記念日を祝うべく、今年も満員のオーディエンスが集結した。

TAKEO(Dr)、KOHTA(B)、ギル(G)、Karyu(G)と順にメンバーが登場した後、一際大きな歓声がキリトを迎え入れると、最新アルバム『FAUST』収録の「STOP THE TIME , YOU ARE BEAUTIFUL」でこの特別な夜は幕を開けた。後のMCでキリトから「懐かしい場所に帰って来たね」とあった通り、旧渋谷公会堂ではこれまで幾度とライブを行ってきたAngeloだが、昨年10月に生まれ変わった同会場での公演はこの日が初。キリトは3階席まで観客で埋め尽くされた場内を確かめるように見渡したかと思えば、「頭振れー!」と「A MONOLOGUE BY MEPHISTO」で早くもフロアにヘドバンの嵐を巻き起こした。序盤戦は『FAUST』の楽曲たちが並んだわけだが、その中に「NEW CENTURY BIRTH VOICE」を挟むという選曲は、生誕祭ならではのものだったと思えてならない。

中盤戦では、白銀の世界を思わす光が場内を包む中、バラードナンバー「光の記憶」をまっすぐに届ければ、「CRUELWORLD」「ACTIVATE RESONATE」を通して、私たちが生きるこの世界のリアルを伝える。さらに「色々溜まっていると思うから、お互いぶつけ合いましょう」というキリトの言葉から「MADMAN MAKE QUANTUM VARIATION」を皮切りに後半戦へと突入すると、弦楽器隊も前方へと繰り出し、フロアはより一層熱を帯びていくのだった。

この記事の画像

「Angelo、熱狂と多幸感に包まれたキリト(Vo)バースデーライブ」の画像1 「Angelo、熱狂と多幸感に包まれたキリト(Vo)バースデーライブ」の画像2 「Angelo、熱狂と多幸感に包まれたキリト(Vo)バースデーライブ」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク