パンクロックにも影響を与えたドクター・フィールグッドの白熱のライヴ盤『殺人病棟』

パンクロックにも影響を与えたドクター・フィールグッドの白熱のライヴ盤『殺人病棟』
(okmusic UP's)
ドクター・フィールグッドは1971年にウィルコ・ジョンソンがリー・ブリロー率いるザ・ビッグボーイ・チャーリー・バンドにギタリストとして加入し、そのキャリアがスタートする。彼らはブリンズレー・シュウォーツ、キルバーン&ザ・ハイ・ローズ、ビーズ・メイク・ハニー、マッギネス・フリントらと並んで、パブロック初期から活動する代表的なグループのひとつとして知られている。

イギリスで生まれたパブロックは、文字通り居酒屋(パブ)でライヴを行なう(ロック)アーティストたちの総称で、70年代初頭から中頃にかけてその全盛期を迎える。パブロックグループの共通項は、パブで演奏するということだけである。キャパの小さいパブでの演奏は、最低限のメンバー編成とそこそこの音量しか出せないだけに、自ずとブルース、R&B、フォーク、カントリーなどを背景にしたルーツ系ロックが中心となるため、パブロックのグループは音楽的に似た部分が多い。

今回紹介するドクター・フィールグッドは、キレの良いリズムと泥臭いR&B的な演奏が身上であり、パンクロックにも通ずるシンプルなサウンドが大いに受けた。本作『殺人病棟(原題:Stupidity)』は彼らの3作目となるライヴ盤で、パブの生演奏で鍛えられた彼らの真骨頂が味わえる(全英アルバムチャート1位)。

スタジアム化するロックが失ったもの

50年代にアメリカで生まれたロックンロールは、60年代の半ば頃にはロックとなり、周辺音響機器の進化もあって大音量での演奏が可能となる。大音量によるコンサートが実現すると、一度にたくさんの聴衆を集められるだけでなく、その音楽自体も大音量に見合ったスタイルへと変化していく。60年代後半~70年代初頭のイギリスではブルースロックから進化したハードロックや、クラシックをベースにしたプログレッシブロックが生まれ、それらは小さなバーやライヴハウスでは楽しめない程大きなスケールへと成長する。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月28日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。