REACTIONがシーンに送り出した金字塔的作品『INSANE』はヘヴィメタルが詰まったアルバム

REACTIONがシーンに送り出した金字塔的作品『INSANE』はヘヴィメタルが詰まったアルバム
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
3月8日がREACTIONのドラマーだった梅沢康博の命日だったということで、今週はそのREACTIONのデビュー作『INSANE』の紹介とした。1989年の解散後、2006年に新たなヴォーカリストが参加して再結成したものの、のちにギタリストの斉藤康之も鬼籍に入られたのでオリジナルメンバーでの再開は望めない状況ではあるが、この『INSANE』はインディーズながら1万枚を売り上げ、日本ヘヴィメタルシーンの金字塔的アルバムである。REACTIONの存在を風化させてはいけない。

梅沢の“高速ツーバス”が響く

速い。上手い。エモい──。牛丼の超有名キャッチコピーになぞらえるという超オヤジ臭い始まりで恐縮だが、ヘヴィメタルというのは煎じ詰めればそういうことになるのではなかろうか。今、REACTIONの『INSANE』を聴き終えてそう思った。ロックの中で先鋭的と言われたジャンルでも、これがパンクとなると、少なくともその初期においてはDIY的な精神からテクニックを重視しない傾向にあったので、上手くはない…というよりも、それを過度に感じさせないところはあると思う。ルックスが目を惹いたというところでは、グラムロック辺りもそうかもしれない。一方、ヘヴィメタルと同じくハードロックから派生したロックにプログレッシブロック…いわゆるプログレがあるが、こちらは技巧的ではあるものの、前衛的である分、分かりやすいエモーションからは若干かけ離れている感じもある。オルタナであったりグランジ、パワーポップなどもどこか決めてに欠ける印象だ。

この記事の画像

「REACTIONがシーンに送り出した金字塔的作品『INSANE』はヘヴィメタルが詰まったアルバム」の画像1 「REACTIONがシーンに送り出した金字塔的作品『INSANE』はヘヴィメタルが詰まったアルバム」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク