『時の扉』はWANDSの確かなポテンシャルを示した90年代を代表する一枚

『時の扉』はWANDSの確かなポテンシャルを示した90年代を代表する一枚
拡大する(全1枚)
『時の扉』(’93)/WANDS (okmusic UP's)
猫騙が2016年9月30日、タワーレコード渋谷店にてインストアライヴを開催する。猫騙と言ってもピンと来ない方もいらっしゃるかもしれないが、彼らは、The fantastic designs やTYPHOON24で活躍したベーシストのmiya38と、ヴォーカリストのShowとが中心となって06年に結成されたバンドだ。09年にmiya38の急逝という悲劇に見舞われ、13年にはメンバーチェンジにも遭いつつも、miya38の意志を継いで現在も活動中の“エスニカル・ファンクロック”バンドである。今回のインストアライヴも、今夏、4年振りに発表したアルバム『megalomania』リリース記念だ。そんな猫騙のヴォーカルのShowとは誰あろう、90年代前半に一世を風靡した元WANDSの上杉昇、その人である。あれからおおよそ20年。猫騙でも相変わらずシャープな歌声を聴かせているので、興味を持った方はぜひ猫騙のShowにも触れてほしい。今回はその上杉昇の20年前にフォーカスを当ててみる。

【その他の画像】the fantastic designs

■90年代前半を席巻したビーイング・ブーム

音楽制作会社“ビーイング”に関して多くの説明は要らないであろう。現在も数々のアーティストとその作品を世に送り出し、邦楽シーンにおいてなくてはならない企業集団と言っても過言ではない。その歴史を紐解けば創業者である長戸大幸氏が株式会社ビーイングを設立した78年に遡るが、我々一般リスナーには、やはりB'z、ZARD、T-BOLAN、
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク