追悼・生涯コメディアン、志村けんを偲ぶ5曲

2020年3月29日、志村けんが逝ってしまった…。「日本の宝を奪ったコロナが憎い」と加藤 茶はコメントし、『天才!志村どうぶつ園』の追悼企画冒頭で嵐・相葉雅紀は声を震わせながら「イヤです…」と言った。長年愛されてきた人なので、世代ごとに記憶に占める代表作は違うのだろうけど、土曜の夜8時にテレビの前で腹を抱えてた世代には、人生のほとんどに彼のコントが当たり前に染み付いています。人を笑わすことに一生を捧げた志村けんが、最後は身をもって皆の笑顔を守ろうとしてくれたんじゃないか…そんなことを思ってしまうのです。世界中に平和が訪れて、いつかそっちで全員集合する日まで、長さんとネタづくりよろしくね。たくさん笑わせてくれてありがとう!

「Do Me」(’79) /Teddy Pendergrass

音楽好きだった志村けんがお笑いを目指そうと思った時、その両方を兼ね備えていたことが、弟子入りのきっかけとなったザ・ドリフターズ。そう、何気に忘れられているけれど、もともとはバンド活動をメインにしていたグループなのです。1980年に一世を風靡した加藤 茶とのヒゲダンスで流れていた「ヒゲのテーマ」、実はソウルミュージックが好きだった志村の提案で、その前年に発売されたTeddy Pendergrassのアルバム『Teddy』収録の「Do Me」より、イントロ部分を引用されたもの。当時日本では決してヒットした曲というわけでもないことから、音楽好きならではのチョイスとアイデアを感じます。日本国民にとってはヒゲのテーマにしか聴こえないけど、インストじゃないところがちょっと違和感(笑)。

この記事の画像

「追悼・生涯コメディアン、志村けんを偲ぶ5曲」の画像1 「追悼・生涯コメディアン、志村けんを偲ぶ5曲」の画像2 「追悼・生涯コメディアン、志村けんを偲ぶ5曲」の画像3 「追悼・生涯コメディアン、志村けんを偲ぶ5曲」の画像4
「追悼・生涯コメディアン、志村けんを偲ぶ5曲」の画像5 「追悼・生涯コメディアン、志村けんを偲ぶ5曲」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク